BLOG おやつでげんき

Juicy and キリスト

最近週末も暇で、でも暑いから外に出たくならないし、
ずっと家にいて本を読んで気が付いたら真っ暗になってて
あわててカーテンを閉めて電気をつけるような生活で
これからどんどん暑くなるのに、大丈夫か私は。

金曜日、映画が安い日だったので
「美女と野獣」を観てきた。
エマ・ワトソンちゃんかわいかったですね。
話ぜんぶ知ってるし展開も全部わかるのに、ちゃんと観るとこあって楽しかった。
衣装も髪型とかも完コピ!ガストンも完コピ!
図書室のシーンは最高。「気に入ったならあげるよ」って言われたい。
あの燭台の人がユアン・マクレガーって知らずに観たし、
エンドロールで知ってもまったくピンとこなかったですけど
私の中の「歌うユアン・マクレガー」が「ミス・ポター」くらいで止まってて更新されてない。

私が生まれて初めて映画館で観たのはディズニーアニメ版の「美女と野獣」で
3歳か4歳のとき、どアタマの雷がバリバリ鳴るシーンで怖くて泣いて
全然最後まで観られなかったから、厳密に言うと「観てはない」かもしれん。
「おひめさまの映画って言ったのにおとうさんの嘘つき!」と思った記憶がある。

あと最近ビタントニオってブランドのブレンダ―を買ったらめっちゃよかったので
誰にというわけでもないけどおすすめするね。
Amazonで買っても近所のLOFTで買っても値段一緒やったから
私はLOFTで買ったよ。
これです。

バナナときなこを豆乳でまぜまぜしたのが飲みたい、と思って
いろいろ調べて買ったけど、これは最高。
自宅でこんなうまい飲み物が…!って毎朝なる。なめらか~
バナナ食べへんから生まれて初めて買ったけど、4本とかくっついて98円てすごい、安い。
ハチミツも少しいれたり、キウイとりんごを牛乳でまぜまぜしたり、おいしいよ。

すきなものごとを羅列する

・人に話しかけるように犬にしゃべりかける人
・アイスミルクティーのもとを作るときの手順
・ひとりでごはんを食べるときも手を合わせて「いただきます」という人
・マニキュアを塗ること
・家の間取り図を見ること
・もりしのショートカット
・人を家に呼ぶこと
・掃除した後の昼寝
・美術館の床に使われている素材
・旅行先の物件を検索すること
・駅のホームとか道端でひとりで何か食べてる人
・手ぶらで出かけること
・明け方に眠るときの新聞配達の音
・冷蔵庫の整理
・脚のついたグラス

はじめ「嫌いなものごと」を羅列してみようとしたけど
必要以上に厭世的になってしまって、これはちょっとちがう、
つーかおもしろくないな、と思ったのでやめた。
嫌いなことって人に話す分にはいいけど、文字にするとちょっと大げさになりすぎるなぁ。
そんな大仰な感じじゃないねんけど、めっちゃ怒ってるみたいに見えるの、なんでか。
でも「好きなこと」よりも「嫌いなこと」の話しのほうがおもしろくない?
1000人ぐらいの嫌いなものとその理由だけを集めた本ないかな。

何を得たのかわからない

ここ3~4年くらい、エッセイが好きで、小説はさほど読まない方だと思っていたけど、
最近(なぜ今さら)角田光代を読むようになって、端から順番に読むようになっている。
角田光代はエッセイも書いてるっぽいけどそれはちょっと後にして、小説を先に読むぞ。
短編もめちゃくちゃいいのよなぁ。
いや、もうみんなとっくに読んでて「何をいまさら」と言うに決まってるけど、
・ロック母
・くまちゃん
・愛がなんだ
・月と雷
がすきです。

さっき「角田光代さん」て打って、なにを親しげにしとるんか、と思い
「角田光代先生」に直して、どの立ち位置か、と思い、結局どっちも消した。
例えば友だちにしゃべるとき、絶対「角田光代」って呼び捨てにするくせに
文章にするとなんかエラそうかなって思って「さん」とか「先生」とか付けようとするのなんなん。
へんなの。
あとバンド名とか芸人のコンビ名とかに「さん」付けするのが嫌い。
特に理由もなく、ただ嫌い。
「ミスチルさん」とか言うやん。え、ミスターチルドレンは略すのにさんは付けるんかよ。
いやまぁどうでもいいっすけど。私は「ミスチルさん」って呼べる距離にミスチルがおらんしな。

つーか誰も私に「角田光代を読め」と言ってくれなかったのなんでだ。
本に限らず、私あんまり人にものをおすすめされない気がする。
多分「良かれと思っておすすめしたのにけなされそう」と思われてんだろうな。
そんなことないのにな。そんなことないよ。

あと全然違う話するけど、誕生日とか、何かと物を貰える人っていますでしょ。
私の姉とかです。
姉はなんか、え、なにこれ買ったん?っていうものが家にあって、
いやもらったん、っていうことがものすごい多い。
姉が使いそうにないものもあれば、自分で買いそうなのもあるけど、あれどういうことなんやろうか。
あげやすいんかな。なにあげてもよろこんでくれそうやからか。
私は「何をあげたら喜ぶか思いつかない」と言われたこともあるし、
つまり「なにあげてもよろこんでくれなさそう」ってことなんでしょうね。
そういえばサプライズ的なこともされたことないし、
仮に今サプライズバースデーパーティーをしていただいた妄想をしてみたけど
「うまくびっくりできたかな」とか「あんまり喜びすぎると引かれるかな」とか考えてしまって、
ぜんぜんだめだ。
まぁそのことについて、特になんの感情もないからいいか。
嬉しくも悲しくもなく、そういうポジションに生まれついたな、というぐらい。

そういえば先日弟と義妹が結婚式をしました。
弟は緊張と照れくささと「ちゃんとせな」が混ざり合った結果、
もう笑いが止まらない!みたいになっていて、
そういえばあいつ運動会とか音楽会とか発表会とか、大体あんな顔してたな、と思った。

このページのトップへ