BLOG おやつでげんき

Archive for the uncategorized Category

20数年前の人

我が家は父か祖父かの趣味によって20数年前の写真(当然フィルムのやつ)がどっさりあって、
ビデオカメラ(当然テープのやつ)で撮ったなんでもない動画とかもどっさりあって、
もちろん運動会とか音楽会とか発表会とかのもあるけど
もっと小さい歳のときに公園で遊んだり、おばあちゃんちのブランコに乗ったりしているのがあって
それを見る機会が、最近あったのだった。

20数年前の私は1歳か0歳半か、くらいなのでまったく自分の記憶にはないし、
母が写っていたり、父の声がしたりするのと
写真で見たことがある赤ちゃんだ、というくらいの情報量で、
「これが赤ちゃんのときの私」と認識しているけども、
いやこれは全然別人ですお前じゃない、と言われても、何とも、「あ、そうなんですね」くらいしか言えん。
まぁ別にそこを疑ってるって話ではないです。

赤ちゃんのときの私は、なんというかあまりに愛想がなく
母が(今の私よりも3つくらい年下、現在と比べても顔があまり変わらない)「のんちゃーん、のんのーん、おーい」とか
話しかけているにも関わらず、非常にリアクションが薄く、母の呼びかけもほぼ無視していて
「おとなしい」と言えば聞こえがいいけど、表情が乏しいというか、どフラットというか、
赤ちゃんてこんなもんなのか。

姉の方は私と1歳しか違わないのに、なんか怒られてうぇーんと泣いたり、母に指示されてにこにこ踊ったり、
「あいしあってるかぁーい!」と言わされたり(時代よ)、わりときゃっきゃしているように写っているし、
赤ちゃんてどんなもんなのか。

知ってる赤ちゃんのサンプル数が乏しい。個体差がかなりある、ということでいいのか。

ともあれ、20数年前の私はせっせとおむつを替えてもらい、
毎日違う服を着せられ、ブランコに乗せてもらい、姉の手からポテトを貰い、
週末は公園で遊ばせてもらい、祖父にだっこされ、いとこに遊んでもらい、風呂に入れられ、
大変に愛され、大事にしてもらっているようだった。
どこに行って何をしてもどうにか生きていけるだろう仮にひとりでも、とずっと思っているけど、
それってこれがあるからなのでしょうね。基盤になっているのでしょうね。大丈夫の底なんでしょうね。

秋にフランスに行くことにしたので、航空券を取り、Airbnbで泊まる家を探した。
まだ先のことやけどものすごく楽しみ。

ひとりで行くつもりやった(フランスには今みほがおるし)けど
母に話したら、当然母も行きたがったので一緒に行くことにして、
せっかくなので父も行った方がいいんじゃないかと勧めて、
結局3人で行くことになった。
父は新婚旅行でハワイに行って以来の海外旅行で、
私は研修旅行でニューヨークに行って以来の海外旅行です。
父はずっとヨーロッパの建築物や街並みに興味があった(はず)ので
きっと楽しいでしょうね。

私はチョコレートをもりもり買う旅にします。
チョコレートは奥が深く、「bean to bar」とかちょっとコーヒーっぽい流行もあるし
そのうえ継承の文化もあって、国の賞もあるし、
超おもしろい。あとまじですごくおいしい。
消費量はドイツとかベルギーのほうが多いみたいやけど
私は完全にフランスのチョコレートがラブ。

あとはみほと「アメリ」のロケ地めぐりをするのがものすごーいたのしみ。
あ、サントラCD買って聞きながら歩こう。最高。

フランスは外食が高いけど食材はわりと安い、ということらしいので
ほぼ自炊旅になる予定。
Airbnb、初めて使うけど私のむちゃくちゃの英語でも親切にお返事が来たし
チェックインの方法として
「Find the Key under the doormat.」と提示されて、最高か。
いわゆる民泊なので、トラブルも当然あるのだろうけど、ものは試しでな。

I’m me

2日あってずっと家にいたら6本くらいは映画が見られる。
あんま重くない映画に限るかもしれんが。

恋愛ものの、ハッピーなやつ観たいなーと思って
「世界一キライなあなたに」っていうのを観たけど
「ハッピーかどうかは自分のこころが決める」みたいな感じの仕上がりになっていて
何をどこにどう置けばいいのかわからんようになった。
人の生き死にについて、例えそれがフィクションであっても
私は、何一つ語る言葉を持ち合わせないわ。
誰の気持ちもわかる、と思うことはつまり誰の気持ちもわかんないってことであって
私はもう、なんにもわからない、ごめんなさい、「恋の門」とか観て生きたい。

あの、旅行いくときのスーツケースっつーか、ドラマでも映画でも、
でっかい鞄を撮るときに「なんにも入ってないな」ってわかってしまうシーンが嫌いで、
いや、音とか腕の動き方でわかるやん、カラやな、って、
あれ誰も気にしてないんかな。
気にはしてるけどさして重要じゃない、ということなのか
役者さんに重いもの持たせるのNGなんです、ということなのか
そもそも誰もそんなこと気にしてないのか、どれなんかよ。

何もかもをリアルにする必要はないか、と思う反面、
鞄の件は気になる、たぶん10年以上気にしてる。
誰かに問合せしたい、窓口はどこか。

何年か前に長塚圭史が演出した舞台を観に行ったとき、
ボンゴレビアンコ(たぶん)を作るシーンがあって、
本当に舞台上でオリーブオイルでにんにくを炒めてて、
あとコーヒーカップを割るシーンで
本当にコーヒーの入ったカップを落として割っていた(ガチャン!と音がして破片が飛ぶのも見えた、コーヒーのにおいもした)ことがあって、
ああいうのは良くあることなのか、長塚圭史が決めたことなのか、
そうじゃなくて美術さんとか小道具さんとかわからんけど、そういう人のこだわりなのか、
これも誰かに問合せしたい。窓口はどこか。

このページのトップへ