BLOG

カテゴリー:uncategorized

is the root of all evil

2017.11.16 22:26

uncategorized

頑張って出世して稼ぎたい!みたいなことを私はわりとよく口に出すけど、
多くの場合
・お金がすべてじゃない
・出世なんかいいから結婚しろ
・稼がなくていいから子供を産め
みたいなことを言われる。
もう2017年やぞ時代錯誤な…と思うけど、
父も「ほどほどにして結婚せぇ」と言っていたし、
まぁそういう考えの人はたくさんいるのだろうし、別に一切賛同できない!というわけでもない。
父に関しては孫の顔が見たいだろうな、と思うし、
母だって口にしないだけで、そういう気持ちがあるにはあるのだろうし、
そうできない、至らない娘でごめんね、とも思うけど、
それとお金の話は全く別のことだ。
仮に明日結婚して、明後日子ども産んだとしても、
私は引き続き、頑張って出世して稼ぎたい。

私が言う頑張って出世して稼ぎたい!はまさに文字通りの意味で、他意はない。
社会的弱者からふんだくってやろう!とか
隙あらば脱税してやろう!とか宝くじでも当ててやろう!とか
そういった意味はない。そんなことひとことも言ってない。
まじのまじで文字通り、
今の仕事を頑張って、もっと大きい規模の仕事を取れるようになって、
それが認められることによって給与・賞与などが上がり、
結果的に今よりもっと稼げるようになりたい、という意味でしかなく、
大富豪のじいさんをだまくらかして遺産をせしめたい!とか
どうにか年収800万の男と結婚してATM化したい!とか、そんなこと一切思ってない。
いや、そう思ってる人のことをとやかく言うつもりはない。勝手にやって。がんばれ。
ただ私自身は、頑張って出世して稼ぎたい!と思ってる。

にもかかわらず、金の亡者…みたいな目で見られたり、
なんかかわいそうなものを見るような目で見られたりするの、
あれ何でしょうね。
みんなそんなにお金の話きらいなの?

私はボーナス出たらいくら貯金にまわそう、とか
給料日やし服買いにいこうとか、そういうお金にまつわることを考えたり話したりするのがすきやし、
というか何するにしてもお金のことってついてまわるやん、
でも最近は目標額を決めて貯金するのも結構たのしいなーと思えてきたし、
友だちともわりとオープンにお金の話するし、
お金の話は、方向さえ間違わなければ、そんなに嫌うものじゃない、
という考えなんですけど、マイノリティーなの?変?

お金がすべてじゃない、お金で買えない幸せがある、という言い分に関しては
まぁその通りよね、と思う反面、
そういうことを言うやつは「今500円でもあれば、こんなひもじい思いせんのにな」と思ったことが、
一回もないんやろうな、と思う。
今まさにこのタイミングで、そう多くない金額でもお金さえあれば、
全てが解決するのにな、ということ、普通に日常的にあるやん。
その時「お金がすべて」やん、その時点では。
ってことは「お金がすべてじゃない」って言いきれんやん。

なぜこうもお金の話はタブーなのかね。
芸能人の年収の話とか、絶対テレビで隠されるやん。
あれ何でなの?叩かれるから?
でも資本主義やねんから、頑張って有名になってんからそりゃ儲かるにきまってるやん。
そういうのをオープンにするのを良しとしない国民性ってこと?
…民族史的なの勉強したほうがいいんやろか。
だいたい「日本人の国民性」って言われるもの、
全然良いの残ってなくないすか。要らんやつばっか、悪しきやつばっか残ってませんか。

ちょっと一回資本主義じゃないとこに行って
何がどうなってんのか見たいなぁ。
どこ行けばいいの?スウェーデンとか?

C’est combien ?

2017.11.7 21:59

uncategorized

数日ちょっと海外旅行にいったくらいで、日本のここがダメ!みたいなことを言うやつってどうかと思うけど、
フランスのここが超いいなーと思ったことを言いたい。
聞きたくない人は読まないでほしい。
日本をディスるつもりはない。
もっと住みよい国にしたい、とは思うけど、日本を貶めたい気持ちは全然ない。

まずお店に入った時に必ず「Bonjour/Bonsoir」を全員言うのが超良い。
あやしい者じゃないことをアピールできるし、欲しいものが特になくて、何も買わない場合も初めに挨拶してるので、出て行きやすい。
みんなあんまりヘビーな感じじゃなく「どうもー」「いらっしゃーい」みたいな軽い感じで使う。
コインランドリー(日本と同じで店員はいないので全員お客さん同士)に入るときも言う。
携帯で電話してるおじさんも、寝癖のお兄さんも、みんな「Bonjour」を言ってくれる。
電車で隣に座った人も言ってくれる。
2時間隣に座る人が初めに挨拶してくれるのって、すごい良いよ。安心する。

「Merci」もめっちゃ言う、事あるごとに言う。
お会計の前後も、とにかくメルシーメルシー。
買ってくれてありがとう、売ってくれてありがとう。
道をちょっと譲っただけでもメルシーメルシー。
譲ってくれてありがとう、譲ったことに気づいてくれてありがとう。

これは超いい、真似しようよ、とすら思う。
なんか気さくぶれるし、ポジティブぶれるぞ。形からご機嫌を演じられるぞ。
デフォルトが不機嫌な人、ちょっと多すぎませんか日本。
そしてその不機嫌に引きずられて、不機嫌が連鎖しませんか日本。

あと子どもたちがあんまり子どもとして扱われていないのが超良い。
レストランでもカフェでも大人が座るのと同じ椅子に座ってるし、
ヘタでも自分の手で食事をするし、構ってほしくてギャーギャー騒ぐ子がひとりもいない。
自分の絵本やおもちゃを自分で持って、ポケットに手を突っ込んで大人みたいに歩く。
かわいがられてるけど甘やかされてない。
大人はほったらかしにしてるようで、実はちゃんと見ていて、
でも本当に危なかったり迷惑だったりする時以外は割って入らないし、子どもの好きにさせてる。
自分の子じゃなくても、みんなで子どもを見てる。
あれなんなの、しつけの問題なのか。全員体が小さいだけの大人に見えた。

私は「子どもには分からないから」とか「子どもはこうしておけばいい」みたいな扱いをするのが嫌いで、
例えば「子どもにはお子様ランチを注文しとけばいい」みたいなのが嫌いで、
いくら子どもでも自分が食いたいもんくらいわかるやろナメやがって、と思うし、
(ほんとにお子様ランチが食べたい子はそれを選んでいいよ、そこに異論はない、だってハンバーグと海老フライが付いてるもん、最高よね)
「親がちゃんと見てないから危ない目に合う」みたいなのもムカつくし、
親以外のあんたは大人のくせにそんな無責任でエラそうにしてていいのかよ、お前の年金を払う子どもやぞ、と思うし、
なのでああいう環境で育つ子はいいかもなぁと思った。

フランス人て、いきなり政治論ふっかけてきたりするイメージがあるけど
子どものころから1人の人間として扱われてるから、自立してて、
だからそういう、自分を取り巻く環境とかそれこそ国の情勢とかに素直に興味を持てるのかもしれん。
自分のこととして、政治を見ることができるから、意見をもつことができるのかも。

とにかく小さいことでも、それこそ今日何食べるとかその程度でも、自己決定することって、
すごい大事じゃない?
最近超思うけど、自己決定できない人多すぎるよ。
でもそれってその人だけのせいじゃなくて、育て方とか教育も大きいのでは、と思ってる。
人に相談すんな、って言いたいわけじゃなくて、最後のところを誰かに決めてもらう癖ついてるの危なくないすか、って言ってる。
人生でやることってほとんど選択しかないのに、それが出来ないって何だそれは。あと何やってんだ。

それから日本料理の間違ってるのを指摘するテレビ番組とかあるけど(あれ割と叩かれて、叩かれ終わったのかな?この話題古い?)
もう恥ずかしいので絶対やめた方がいい。
パリのスーパーで売ってたお寿司も、リヨンのレストランで食べた日本料理も、
どれも全部おいしかったです。パン疲れの私たちに優しかった…
だいたいナポリタンだのイタリアンだのトルコライスだのミラノ風ドリアだのご勝手にやってる国が何をエラそうにしてんだかね。
いや、全部うまいけどさ。
私は自分で着物も着れないし広重も北斎も写楽も語れないし、味噌汁3回に1回は出汁ひくのはしょるし、
ちっとも日本を誇った生き方をしてないわ。すみませんね。

あとフランスで働いてる人たち、みんな楽しそうにしてた。
楽しそうにしてない人も多少はおったけど、みんな自由にしてた。
さっき私たちにヨーグルトを売ってくれた男の子が、八百屋さんの男の子とイチャイチャしてることがあったりして、
ああいうの、私は良いと思うんですけど、だめですかね。
ゲイが良いとかって言ってんじゃなくて、別にそれぐらいラフに仕事しても良くない?
サボってるわけじゃなくて、自分の店にお客さんが来たらちゃんと見てて、対応してるし、
どっか遠いところに行っちゃってて帰ってこないとかは困るけど、
すぐそこの八百屋に彼氏がいるってだけのことやん。ちょっとおしゃべりしたかっただけやん。かわいらしいやん。

レストランの店員さんも、英語でお願いします、って言ったら
「やってみるよ」って言ってくれて、一生懸命説明してくれたし、雑なフリでもワインを選んでくれたし、
「どう?楽しんでる?」「おいしい?」って聞いてくれて、
あぁこの人は仕事が楽しくて、自分が働いてる店が気に入ってんだなぁって思ったよ。すてきよね。
買い物してるとき、お客さんも急いでる人は「急いでる」って言うし、急いでない人は多少待たされても怒んないし、
それでよくないすか。
なんか生きやすそうやなーって感じした。

フランス人は小銭を頑張って出してる間待ってくれるからね。
(2セントと20セントと2ユーロのコインはややこしいのでやめにしてほしい、1と5で生きてきたから2が入るだけで急に難しい)
後ろでお会計に並んでるおじさんも待ってくれるし。
ヨーロッパ圏てわりとこんな感じなんかな。他の国も見てみたい。
ニューヨーク行ったときはスタバのお姉さんも、吉野家のお兄さんも、
みんななんか怒ってたのよな。
地球人なのに英語がまともに話せないことに対してなのか、とにかくアジア人が嫌いなのか、
仕事がつまんねぇのか、時給が安いのか、わからんけど全員怒ってんな、っていう感じがした。
まぁそのことについて、別に文句もないし、直せよ、とかは微塵も思わんけど、
だってアメリカはそういう国で、あらゆる人種がどうにかこうにかやっていってる国で、
そこがアメリカらしさでもあるからです。
日本人は怒ってはないけど、とにかく耐えてる感じする。
楽しんではないし、怒ってもないけど、耐えてる。私も似たようなもんかな。

7日ほどいただけなので、当然観光客として扱われ、
フランス語もサッパリ分からんので、にこにこしながら悪口言われてても気付けない状況ではあったけど、
(でもどの国の人でも悪意があるかどうかくらい分からん?そんな巧妙な悪意ある?)
それにしてもフランスはよかった。また行きたいし、今度はもっと長く暮らしたい。
いつその時が来てもいいように、お金を貯めようと思う。
目標のない貯金て何のためにすんのか分からんな、と思って生きてきたけど、
あれですね、急に3ヶ月ぽっかり空いて、お、フランスに行けるぞ、ってなった時に、
観光ビザで滞在するためにするんですね。
150万くらいあれば、3ヶ月くらいいけそう。頑張って働くぞー!

DEAs

2017.9.27 15:13

uncategorized

せっかくの有休で、明石に来たし、散歩でもして帰ろうと思ったのに雨が降って来ちゃったし、
ホットケーキが食べたくて適当なカフェに入ったら、
カステラの出来損ないに安物のバニラアイスをのせて、植物性のクリームをのせたやつを食べるハメになってしまって、失敗したなーと思ってる。
これなら別にホットケーキにこだわらず、スタバかミスドで”間違いないやつ”を食べればよかったし、
もっと言うとホットケーキぐらいさっさと帰って自分で焼けばよかった。
コーヒーもうまくもまずくもない、なにこの雑な酸味は。失敗したぜ。
大抵の失敗はものごとを雑にして、楽をしようとしたりする自分のせいで起きますよね。
反省しています。

今日は朝から運転免許の試験場に来まして、ようやく免許証をいただきました。
朝早くてつかれたー、試験場の安い醤油ラーメンおいしかったー
ああいう食堂とか、スキー場とかのかけ蕎麦っぽいラーメンうまいよね。
期待値が低いのもあるかもしれんけどさ。

つーかなんでこのカステラの出来損ないが720円なの、ムカついてきたな。場所代か?
まじで全然まったくうまくない。カステラをディスるつもりは全くない。
うまくない食べ物に対しての許容量がどんどん減っていってるぞ。
許せないことが増えてきている。なんだかなぁ。

あ、こっそり自分とこのホームページをリニューアルしました。”こっそり”でもないか。
GoogleのWebフォントとかを入れて画像を極力少なくして、あとレスポンシブデザインにしました。
スマホで見るといい具合になっていると思います。
逆か、スマホ対応するとRetina対策が面倒なので画像をなるべく少なくした、のか。
フォントは、自分のサイトはずっと好きな「Century Gothic」を使ってて
わりとこだわって使ってたけど、無料で使えるWebフォントが無かったので、
もうこの際いいか~って感じになって、「Josefin Sans」てやつに変えました。
結構いい、これ、レトロな雰囲気もあるし。
「Quicksand」にしようか迷ったけど、ちょっとかわいすぎるかなぁって…
好きやねんけど。読みやすいし。よくできてて。
相変わらず正方形が均等に並んでるのが好きなので、そこらへんは前と変えてません。
サイドのカラムが別に要らん、ってか入れるもんないわ、と思ったので
ばっさりワンカラムにした。保険的にカラム増やすのよくないよ。
最近の好みとして「罫線で区切る」が嫌いになってきたので、極力なくしました。
5代目ですが、気持ち的にはver.4.6くらいな感じ。まぁどうでもいいか。
自分のホームページはデザインを変えてる最中もガンガン本番サーバーを編集するし、
2~3日崩れてようが移行途中を見られようが別にいいわ、と思うので楽でいいっす。
仕事やとこうはいかん。

リニューアルに伴って画像のサイズ指定とかを直す必要があったので、5~6年前のブログを開いたけど
文章が若いっつーか頭わるそうっつーかテンションが異常っつーか
よくこんな恥ずかしいものをインターネット上に載せ続けてるな…と思いました。
じゃあ消せばいいんですけど、それはそれでなんか恥ずかしいので載せっぱなしです。
何をどうしても恥ずかしいので、見なきゃいい、っていうそれだけのこと。

5年前ぐらいに「かばんのなかみ」っていう企画をブログでやろうとして、
やろうとしてっていうか実際にやったんですけど、これ今も結構おもしろいと思うので、
再開しようと思います。
これなんで続かんかったかっていうと、文字におこすのがまじできつくて、それでやめてん。
あの、インタビューというか、当時は”ほぼ日”とかの人と人が話すコンテンツが自分の中で主流というか、絶対的に正しいと思ってたので、そういう読み物にしたいと思って、
だから写真撮らせてもらったらなんかいろいろ聞いたのを録音して、
それをほぼ全部文字におこす、っていう、そういうやり方を選んで、
けど今考えたらただの趣味で個人的な収集癖として人のカバンの中身気になる!つってるだけやねんから
別に文字おこしに時間さかんでいいし、そこ重要じゃないやん。
というわけで再開するけど、今度はもっと続けられる方法でやることにする。
インタビューというか、あれこれ聞くのはおもしろいから引き続きやるし録音もいいけど
全文字おこしはやめよう。
大体なんで”ほぼ日”に寄せようとすんねん…
若さってこわい、と思ったけどこれ「若さ」のせいにして放っておいていいんかしら。

ARCHIVE