BLOG おやつでげんき

聴こえてる、ふりをしただけ

という映画を見てきた。
ちょっといろいろ考える映画だったので、あの映画みたあと特有の、ぼーっとした頭で電車を待っている。

まだ公開中なので、これから見に行く人の検索にひっかかって、邪魔になるとわるいので、詳しいストーリーはやめとくけども、
さっちゃんとその友だちと、お父さんと、叔母さんの話で、
さっちゃんのお母さんが死んだところからはじまる話です。

最近人が死んだあとの話ばかり見ている。
意図的にではなくて偶然に。
今日見終わったアニメも、最近見てるドラマも、今日見てきた映画も、みんな誰かが死んだあとの話だ。

わたしもまた、誰かが死んだあとに生きていて、そのことに囚われたり、後悔したり、どっかで見てくれているんじゃないかと思ったり、思い出して泣いたり、そういうふうにしながら生きている。これからもずっとそうするんだろうし、そのあいだにもまた誰かが死ぬんだろうし、その誰かはわたしかもしれない。
誰かが死んだあと、生きていく誰かいて、それを見ている誰かがいて、またそのうち誰かが死んで、そのまわりで生きる誰かがいて、っていう繰り返しで、

まだそのことについて、死ぬことについて、言葉にすることはできてなくて、いつかできるようになるのか、まだそれもわからん。
言葉にするのか、絵にするのか、アニメなのか映画なのかドラマなのか、それもまだわからん。どれでもないかもしれん。どれにもせんと思う。そんな気がする。

ただ、いま思うのは、「いつか死ぬ」ということだけが、みんなに平等に与えられていることなんだということだ。
それがいつくるか、どうやって、とかはわからないにしても、そこだけがみんな平等で、平等に、なってんだなと、思う。

なんか母ちゃんが心配しそうなことを書いてしまったけど、「死ぬ」を考えることと、「死」について考えることは別のことで、「死」について考えることはわりとよくあります、というところです。

あかんかな。あかんくないやろ全然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページのトップへ