TANAKA NOZOMI

BLOG

窓を増やす

2021年2月12日 (金) 22:35

uncategorized

画家(植田陽貴さん)に頼んでいた絵が届いた。家を買い、寝室の壁紙を決めたあたりから、ベッドの頭の上の位置に絵が欲しい、と思っていたのです。とはいえ、自分で描くのは避けたい。壁紙、ドアノブ、床材から天井の仕上げまで、何もかもを私の好きに決めた家に、その上まだ自分の絵を飾るなんて、まじ自分過多すぎる。自分に溺れて息が出来なくなりそう。この家には人の作品だけを飾ることにする。

抽象っぽいのも良いし静物画も好き、でも風景画が良いかも、好きな画家はマティスとクレーなんだけど、せっかく買った家に複製画を掛けるのもつまらん、などとあれこれ考え、植田陽貴さんにお願いして描いてもらうことにした。長年の知り合いではあるものの、友だちと言うにはおこがましく、ファンだと名乗る資格もないと感じたので、絵を描いてほしいとお願いすることをどう受け止めてもらえるのか分からなかった。断られるのは構わないけど、むしろ「断りづらい」と感じさせてしまったらそれが一番嫌、などとまごまごし、せめて直接会ってお願いしよう、と個展に行った。「寝室に絵を飾りたいので描いてもらえませんか」と言うのはなかなか緊張したが、彼女は二つ返事でOKしてくれた。

去年の夏ごろ、正式に依頼のメールを送った。希望する大体のサイズと、3連の作品にしてほしいこと、はるきちゃんの過去の作品で好きなもの(光、とサンクチュアリ、”サンクチュアリ”は3つのキャンバスを使った3連の、雪山の絵で、”光”は曇天の中に立っている木とそこに吹く風とそこに差す光の絵)、予算、を伝えた。絵をオーダーするときに予算を伝えるのが正しいのかどうかは分からない。超ご無礼かも、と思いつつ、でも仕事でイラストレーターに依頼するときは予算伝えるしなぁ…どうなんでしょうね。人による、ってことかな。

秋ごろにラフのやり取りが一回あって、年明けに「突然できた」と連絡がきた。確かに「突然できるかもしれない、自分でも分からない」と彼女は言っていたが、本当に突然だったし、メールに添付された写真のサムネイルは、ラフとはかなり違っていて、ドキドキしながら開いた。
絵は寂しく、冷たい色に曇っていて、それでいて力強く気高く、凛としてそこにあった。曇っているのに、光も感じる。木は手前と奥に立っている。風が吹く、広い場所に居る。欲しかった絵だ、と思った。私はこんなふうに、私を画面に入れさせないことで、私自身をくっきりさせる絵が欲しかったの。「孤独だ」と思うのと同じぐらいの分量と熱量で「どうやってもひとりになれない」と思っている、そのことを理解し、決して否定せず、思い出させてくれる絵。雨の日にする二度寝や、台風の夜の読書と同じように、私は植田陽貴が描く曇天が好きだ。

「真ん中を正方形にしてしまいました」というメールの文面通り、3連になった真ん中の作品は正方形になっていた。しかもそこに描かれているのは空(くう)だ。主となるモチーフはなく、ただはっきりと曇った空が、真ん中に据えられていた。わざわざ真ん中だけサイズ大きくしたのに、そこに空を描くのなんなの…!この場合の「なんなの」は賛辞です。

元々最高の我が家がさらに最高を更新してしまったので、人生がたのしい。朝起きて、下から眺めるのもよかったな。はるきちゃん本当にどうもありがとう。大事にします。

I don’t want to sleep alone

2021年2月1日 (月) 22:15

uncategorized

週末は溜まっている家事を片付けて映画を3本くらい観ていたら終わってしまう。チョコレートの時期がやってきたので百貨店の催事に出かけていって、アラン・デュカスとサダハルアオキのボンボンショコラを買った。サダハルアオキ実は初めて。
神戸の百貨店は規模が小さいので本当は大阪まで出たいけど、どうせ混むし、行くなら買うものを決めてからにしよう、と思っていたらみるみるやる気がなくなった。やる気がないのに電車に乗って梅田まで行くのはなかなか厳しい。たとえ新快速で20分でも。
フランスのチョコレートが好きで、フランス人ショコラティエをメインに生きてきたけど、そろそろ「全部食べ終わったのでは…?」みたいな気持ち。というか日本の催事に出るフランス人ショコラティエがそこまで多くはないのよな、あとはもう現地に行って回る、ぐらいしかない。
フランスからオンラインショップで買うのは避けたい、送料が無駄すぎる、現地に行くより送料の方が遥かに安いけど、精神的には行く方が安い。何を言っているんだ。
コロナでしばらく海外は難しそうですし、日本のショコラティエに目を向ける(目?舌?舌…?)のもいいかもしれませんね。

観ようと思って忘れてた『ジョジョ・ラビット』を借りて観たらおもしろかった。いい加減「好みっぽいな」と思ったらすぐ映画館で観る癖をつけないと、と思うけど、なかなかね…タイカ・ワイティティ監督、全然知らんかったっすけどマーベルのあのあれ、とか撮ってる人なんですね。アベンジャーズまわりに疎すぎる。たぶん観れば結構好きやねんけど、これもまたなかなか…ああいう派手な、明らかにお金かかってる映画、いつ家で観ればいいの?どういうテンションのとき?

私ツァイ・ミンリャンが好きかも、と思って『西瓜』も観た。良いな~と思う画と「なんやねん」と思うシーンとが交互ぐらいのトーンで出てきて、感情が迷子になった。監督はどういう情緒の人間なんだろうか。私なら編集してて頭おかしくなりそう。エレベーターを開けて行先ボタンを押すシーンと鍵を掘ったら水が湧くシーンが好きでした。あと蟹捕まえるシーン。ツァイ・ミンリャン作品、日本未公開のやつ多いんだな…字幕なしでいいから観られるといいんですけど。

今月はネットフリックスを契約してまず「ブックスマート」を観て、あとは「マリッジストーリー」と「クイーンズ・ギャンビット」も観たい。シルクスクリーンもやりたいけど今刷るものが何も思い浮かばん。ははは。

今今今世

2021年1月26日 (火) 23:34

uncategorized

久しぶりに村上春樹を読んだ。昼休みにご飯を食べたあと、なんとなく図書館へ行ったら『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がこちらに表紙を向けた状態で置いてあり、読んでなかったな~と思ったので借りた。とはいえ今は仕事が忙しく、平日は起きて出社して仕事してお昼食べて仕事して残業して帰って夕飯食べて寝る、のみを繰り返しているので、本を読む暇があるのかどうかは微妙、という気がした。

そういえばブックオフでバイトしているとき、商品の表紙をこちら側に向けて陳列することを「面展(めんてん)」と教わったから、そういう言葉があると思ってたけど、あれたぶん造語やんな。

『多崎つくる』がフィンランドへ旅立つあたりでクライマックスの気配を察知したので一旦寝かそう、あとどっかでまとめて読もう、週末かな、と思っていたら、金曜に片道1時間半の客先へ打ち合わせに行く用事ができたので、大変ありがたく読書の時間とした。しっかり読み終えたけど、タクシーにiPhoneを忘れた。

つーか「たさきつくる」だと勝手に思ってたんですけど「たざきつくる」でした。

iPhoneな、iPhoneは、タクシーに置き忘れたのが確実だったし、領収書をもらったので連絡先も分かったし、特に焦るようなことではなかった。どこでなくしたかわからん、という場合が一番焦る。というか私よくタクシーにスマホ落とす。勝手にポケットから出るのよね…いつもは気付くのにな~

電話をかけるための道具をiPhoneしかもっていなくて、それがないので、電話をかけられない。公衆電話を探すか、と思ったけど面倒になったので警察署へ行き、電話をかけてもらった。警察署の落とし物係のお姉さんは元ソフトボール部みたいな雰囲気で、テキパキして声が大きかった。そういえば私の友達にああいう人ひとりもおらん気がする。しかも、こないだドラマ「教場」を見たので、警察におる人はみんなあの厳しい警察学校を出たの、よね、みたいな目で見てしまう。ご苦労さまです。

電話に出た運転手さんは「はいはいピンクのスマホね、あったあった、置いてあるよ。でも今日はもう家に帰っちゃったし、土日はお休みするからなぁ~明日ゆうパックかなんかで送ろうか?」というので住所を伝えて送ってもらった。
日曜、精密機器用の箱にめちゃくちゃ梱包材ぐるぐるの、厳重に包まれたiPhoneが届いたのでちょっとおもしろかった。iPhoneはちょうどナタリーの通知でのんきに光っていて、かわいかった。
運転手さんにお礼の電話をかけると「いやぁ~無事に届いてよかったね、気をつけなさいよ~」と言われた。いやほんまそうですよね。まじすみませんした。

金曜ロードショーを録画してあったので『天気の子』を観た。『君の名は』は結構グッときて泣いた記憶があったのに、家で観たせいもあるのか『天気の子』は全く何にもどこにもピンと来なかった。ノレなかった。ぜんぜん好みじゃなくて踊れないEDMがガンガンかかるクラブに来てしまった、お酒飲むしかやることがない、みたいな感じか。ちがうか。知らんけど。
主人公のホダカくんがものすごい剣幕で「みんな何も知らないで!知らないふりして!!!」と喚き散らすシーンで、私の顔は石になってしまった。その”みんな”に私は含まれるのだろうか。勘弁してほしい。
人に銃を向ける描写とかもキツいものがあった。ヤクザ映画とかは嫌いじゃないので、銃なんか別に、よくあるでしょ、フィクションなんやし、とも思うけど、許容できない過剰なシーンに感じてしまった。
過去を全然見せないあたりも、あえて人物描写を減らしてるんでしょうね、とは思うものの、人柄や性格がほとんど分からない登場人物たちに没入できないし、没入できない人たちが惹かれ合い、愛し合う様を見てもどうも思えない。
ホダカくんがどんなに大声で叫び、線路を汗だくで走り続けても「知らんがな」としかならなくて厳しかった。「感情移入」とかはええねん、別に、でも好きも嫌いにもなれず、どんな人かが分かるエピソードもないまま、物語にだけ浸かるなんて無理、私は無理やねん。
ほぼタダ働きさせた子どもに数万円ハダカで渡して「もう大人になれ」とか言うシーンも腑に落ちない。男性性を見せたいならキャラクター設定がおかしいと思う。大人になれ?誰が誰に言うてんねん。
「君と僕」とか「あなたとわたし」とかの物語に興味が持てなくなってしまったのかも、と仮説を立てたけどそんなことはない、はず。たぶん。
あ、映像は大変美しく、音楽もよかったです、愛にできることはまだあると思う。水っていつからあんなに美しく見せられるようになったんですかアニメーション。トイストーリー4を観たときも、あまりにも水が水で感動した。あと埃。

来週までに観て返す映画があと3本、か4本、どっちやっけ、Netflixは来月にします。いろいろ観たいやつあったはず、漏れなく観て1ヶ月で解約するか、もしくはAmazonプライムやめて継続してもいっか…

ARCHIVE

NEW ENTRY