BLOG

明度

2018.5.1 23:02

uncategorized

横尾忠則現代美術館にて、
「横尾忠則の冥土旅行」を見てきた。
毎度のごとく、横尾忠則の作品群を見ると
胸がわるくなり、喉の奥がせまくなり、帰り道はやや気分が落ち込む。
悪口ではない。
断じて悪口ではないし、第一、私は横尾忠則が好きである。

毎日平凡に、淡々と、ごく「普通」に生きている、生きていると思っている、けど
この町が焼夷弾で焼かれて火の海になったのはまだほんの70年ほど前のことでしかなく、
私が平凡だ、普通だ、と感じているのはほんの偶然の、ある狭間の出来事でしかないのだと
もっと言うと、私が「生きている」ことと、「死」とは、真裏のことなんかではなく、
ごく近くにあって、何ならほぼ同じこと・同じ意味・同じ状態であるのだと、
そういうことをぐるぐると思い出す羽目になり、
「死」を近くに感じすぎることによって今度は「生」が自分に近くなりすぎてしまい、
その結果、胃がむかむかとし、息がしづらくなり、
その末に、あぁ、横尾忠則が好きだな、と思うのである。
誰にも理解されなくていい。

横尾忠則現代美術館は見た目のわりに小さく、
2フロア+8畳間くらいのスペースしかないので、かなり短時間で見られます。
ゴールデンウィーク後半もさほど混雑してないと思います。おすすめです。

でも子どもにはおすすめできない。と私は思う。
子どもは王子動物園でパンダやフラミンゴやカバなどを見て、
昼には持ってきたおにぎりを食べ、ふれあいパークでモルモットなどを触りちゃんこにしておればよい。
横尾忠則を見て胃が痛くなるのはまだもっと後の、20年くらい後でよい。

4階には資料室があって、少し座れるところと本棚1つ分くらいの作品集が置いてあるので、
3冊くらい取って、パラパラ見るのがいい。
横尾忠則の作品集(広告とか装丁とかの方)を見ると
圧倒的に数が多くて怖くなる(絵画もめっちゃくちゃ作品数は多い)。
え、おひとりですよね?チームなの?となる。
作品集はページをめくってもめくっても、一切、横尾忠則度が下がることなく、
金太郎飴的に、どこをどう切っても横尾忠則が居るという
さらにだんだん横尾忠則の真似をしている横尾忠則が居てそれこそが横尾忠則なのでは、みたいな感覚が芽生えてきて
横尾忠則はマトリョーシカ的な、入れ子状になった存在であるような気もしてくる。こわい。

デザインの仕事では80年にアートディレクションをやってた「流行通信」が好きで
欲しいなーと思うけど、たぶんたっかいんでしょうね。
買えないよね。
この、表紙のバーコードはおしゃれで付けただけで、
このときは特に普及していなくて、実用性はなかったらしい。そういうの良いよね。

パンとワインの部

2018.4.25 22:59

uncategorized

先月くらいに偶然見つけたパン屋があって
わりと穴場っぽい場所にあるし、買ってみたら結構おいしかったので
贔屓にしようと思ってたんですけど
最近いつ行ってもめちゃくちゃに並んでて、
紙袋4つ分買って帰ってる人とか見かけて、
さすがに不自然じゃない?と思って調べたら
テレビで紹介されたらしい。
なるほど。
パン屋的にはうれしいのかもしれんけど
私は当分行けません。

私は基本的に「並んでまで食べたいものはこの世にない」派なんですけど
みなさんはどうですかね。
結構並ぶのが好きな人とか、苦じゃない人もいますでしょうね。
というか「2時間並んで食べた」みたいな話、よく聞くし
「3時間待ちの人気店」とか聞くと、おいしいんかな~と思うよね。

でも私もフジロックに行ったら、ヘブンのピザに並んだり
オアシスでもち豚を買うために並んだりするので
多分絶対に並びたくない、死んでも並びたくない、ってほどのことではないのかも。
何を基準としているのか。

多分、並んで何かを買うこと自体はそんなに嫌ではないと思うけど
「この行列に並んでまでこれを買いたい私」を俯瞰で見る癖があって
そいつが嫌いなんやと思う。

あと「待つ」のはそんなに苦じゃないな。
「並ぶ」のが苦。

まぁ何でもいいんですけど。
はやくほとぼりが冷めねぇかな。
カスクート食べたい。

熟睡する時間をつくること

2018.4.20 23:05

uncategorized

フジロックの早割チケットと引越しの費用等が重なって生活が苦しい。
貯金は砂の山のようなもので、
少しだけならいいか、と思い、手をつけると
そこから崩れるのが早い。なので、なるべく(なるべくかよ)手をつけないように。
貯金つったってそんな、つつましい額ですから。なおさら。
まぁあと10日ほどで給料日が来るし、実家にいると一銭も使わない日もあるし
なんとかなると思います。

なんやかんやでもうゴールデンウィークっすね。
近場で美術館でも行こうかな、と思って調べるけど、あんまいいのやってないね。
どうしたもんかな。

美術館に行って大きい絵画の前に座って、ぼーっとするのが好きだけど
あまり人が多いとぼーっとできないし
まわりにいる人の会話とかが耳に入ると気になっちゃって過剰に疲れるし
でも行ってみないと人が多いかどうかなんてわからんので、結構むずかしいのよね。
会期初日の朝一か閉館2時間前くらいであれば比較的空いている、という自説があるけど
全く予想に反して激混み、ということもある。

油彩のでかい絵ばっかのときはまだ良いけど
10年くらい前にレンブラント(多分)を観に行ったとき
鉛筆画とかエッチングとかこまこましたのが大半の展示で、
寄らなきゃ見えないけどどうやって寄るの?というぐらいめちゃめちゃに混んでいて
終始ざわざわとうるさくて、発狂する前に退場、となったことがあった。あれはひどかった。
美術館が混んでいると冷静な判断力とか理性とかがどっかへふっとんでしまい、
3割増しで性格が悪くなるけど、あれ私だけか?
「お前らレンブラントなんか知らんやろうが、涼みたいだけならロビーにおれよ」みたいな
毒素が体中の穴という穴からダダ漏れになる。
冷静になってみると、私もレンブラントなんかあんま知らねぇし、
もっと言うとそこまでファンでもねぇわ。ごめんよ。

ARCHIVE