タナカノゾミのポートフォリオサイト

blog

チョコレート

2024年2月14日 (水) 22:34

uncategorized

私の趣味のひとつに「チョコレート」がある。好きな食べ物、というよりはもう趣味、と呼ぶべきだと思う。金をかけすぎているので、食費に計上するのも気が引ける。嗜好品という言葉があるし。

3年前くらいからレポート(と言うほどのものでもないけど、まぁ記録)をつけ始めた。いつどこで買った誰のどういうチョコレートかを記録しておかないと「これ前に食べたっけ、食べたような気もする、いつ食べたんやっけ」みたいになってしまって失礼なので……味のことなんかは特に、数日たつと「おいしかったなぁ~~~」ぐらいしか覚えていないので、これも失礼やな、と思い、メモするようになった。
チョコレートのパッケージはデザインが良かったりプロダクトとして興味深かったりするので取っておきたいけど、難しいのでせめて写真を撮っておくことにした。最近は原材料名も写真で撮って残すようにしている。こんなん趣味でしかない。

日本でチョコレートの季節と言えば間違いなく今である。1月半ばから2月14日にかけて、三越でやっているサロンデュショコラを始め、各百貨店が気合を入れて催事を行う。ちなみにパリでのサロンデュショコラは東京ビッグサイトみたいなドでか展示場の2フロア分を使って行われており、パリでの期間が終わると全国を巡回する。

日本でこの時期にチョコレートがこんなにも盛り上がるのは言わずもがなバレンタインデーのおかげ。世界各国のチョコレートをバイヤーさんたちが熱心に集め、日本国内には店舗がないブランドのチョコレートも買える。日本限定商品や、その百貨店でしか買えないフレーバーを用意してくれるブランドもある。めっちゃありがたい。
しかもチョコレートに適した温度は15~20℃くらいなので、いま暖房をいれていない室内ぐらいがちょうど良いのだ。「バレンタインにチョコレートを贈る」を始めたのはモロゾフだという一説があるし、もしかして気温も込みの販売戦略ってことはない?ありそう。

私も今年は例年より積極的に催事場を回り、ボンボンショコラを5点、タブレットを3点、サブレを1点、オランジェットを2点買った。それでも売り切れのものが多くて心残りがある。
阪急うめだではいろんなブランドのオランジェットだけを集めた売り場を作っていて、かなりいい企画…!と思ったので、応援の意味を込めて買ったところがある。オランジェットって味はもちろん見た目もかわいいし、お酒にも合うし、ブランドごとの味の違いも大きいので特徴が出しやすいと思う。なおかつ自分で作るのがめんどくさすぎるので、もっと流行ってもおかしくないのにな。

阪急うめだのチョコレート催事は毎年かなり気合が入っていて規模も大きいけど、とにかく混みまくるので行く前に買うものをリストアップし、フロアマップを確認してから行くことにしている。味見させてもらって、どれにしようかしら~?などと優雅に言っているような余裕はない。っつーかここ2~3年で試食を配るお店ってなくなったな。あれか、感染症対策かな。財布からクレジットカードを出し入れする時間も短縮したいので、ポケットにそのままカードを入れている。最近は紙袋も嵩張るので、よっぽどデザインが気に入ったもの以外は受け取らないことにした。もったいないし。今年は「コートと鞄も邪魔やな」と思ったので来年はロッカーに預けてから行こうと思う。この、装備を最小限にして身軽にし、目的地に最短距離で移動し体力の無駄な消耗を防ぐ感じ、めっちゃフェスっぽい。

チョコレートが趣味になって10年くらい経ったけど、ここ数年は「自分の趣味や楽しみとしてチョコレートを買うこと」が主流になったなぁと感じる。主流ではないにせよ「そういう客層がいる」ということが認識され、歓迎されている、と感じる。お会計のときに「男性の方もお好きだと思います」みたいなことを言われなくなったからだ。
ここ数年で一番言われる売り文句は「お楽しみください」だと思う。「お楽しみください」なら誰かにチョコレートを贈る人にもマッチするし、私みたいなチョコレートを趣味にしている人にもマッチするし、良いなと思う。

そもそもバレンタインに誰かにチョコレートを贈る、という日本独自の文化(文化と呼んで良いはず、だってもう一般化してから70年ぐらい経つでしょ?まぁ風習と呼んでも良いが)が廃れてほしい、とは私は思わない。性別問わず誰かに気持ちを伝えるときにチョコレートを添えるなんて可愛くて素敵やん。どうせ添えるならおいしいのを添えたほうが良いでしょ。
とはいえ、人一倍チョコレートに愛と情熱と金を注ぎこんでいる私みたいな人間が肩身の狭い思いをするのもなんかおかしい。両者両得のイベントであってほしい。なおかつ日々おいしいチョコレートを作っているショコラティエには大いに儲かってほしい。

というわけでハッピーバレンタイン!(大声)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

archive