BLOG

太陽の子

2018年6月26日 (火) 23:02

uncategorized

週末、Twitterでoasis(のTシャツ)の話をしていたら、
すばるさん(http://sbal.jp/)が
「リアム派でしょ?」とリプライをくださって、
そっからの流れで”月と太陽”の話になったの、めちゃくちゃ楽しくて、寝るのが惜しかった。
すばるさん家が近くだったら公園に集合して缶ビールを飲みながら話の続きをしたいくらいだった。
残念ながら家は近くないし、すばるさんは今香港にいる。

すばるさんは
リアム→愛されるダメ男
ノエル→真面目な職人
だと言っていて、これはもう、完全にその通りと思う。同意しかない。

つーかこの分析ですばるさんが私に「リアム派でしょ?」って聞いてくるの
「愛されるダメ男タイプが好きでしょ?」って聞いてくるのと同義で、
これがもし”恋愛の話”だとしたらもう完全に当たっててこわい。
よくご存じですね、としか言いようがない。
私とすばるさんは4年くらいの付き合いになるものの
直接お会いしたことは一度もなくて
電話とメールのやり取りしかほとんどないし、基本仕事の話しかしないのに
何故…何故バレてる…という気持ち。
(まぁ「2択やん」と言われればそれまでやけど)

私は
リアム→太陽
ノエル→月
だとずっと思っていて、
これは他にも結構当てはまると思うんですけどどうでしょうか、という話。

他には
太陽属性の人:ピエール瀧、マーシー、チバユウスケ、佐々木健太郎
月属性の人 :石野卓球、ヒロト、アベフトシ、下岡晃
で、みんな「対になってる」と思ってる。
人によっては異論が出るかもやけど…ヒロトとマーシーとか、アベチバとか。
ユニコーンもあべくんと民生でイケるかな、と思ったけどちょっと違うねんよな。スピッツも違うし。
くるりはイケる気もするけどちょっと無理矢理感が否めない。

ただ、どっちが好きか、という話になってくると(どっちも好きに決まってる、というのはもう言わずもがな)
その”好き”の性質の話が必要なので難しい。

”好き”にもいろいろ性質があるやん、例えば置き換えるなら
”羨望”に近い”好き”と、”共感”に近い”好き”があって、
私は自分を月属性だと思っているので、こと音楽に関しては月属性の人に共感するし、
そういう意味であれば”好き”なのはノエルで、下岡晃で、卓球になるけど
人間性とか恋愛の話にした場合、今度は”羨望”の好きが割合的に多くなってきて、
要は自分と違う人を、自分もこうあれたらいいのに、こういう人と一緒にいたい、と思う人を好きになる、という話になるので
そういう意味であれば好きになるのは完全にリアムで、ということになって
ここまで一気に書いて気付いたけどこれ誰が読んでおもしろいのか。私の”好き”の話。
すばるさんがこの私見的な、オチもない感覚的な話を分かってくれてうれしかった、で済ませばよかった。
最近話が全部長くなる気がする。これが老いか。
別に消さんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ARCHIVE