BLOG

占われる女

2019年7月4日 (木) 22:25

uncategorized

ここ1~2ヶ月ぐらいで諸々の展開が加速していて、悩むこと、不安なことが多い上に、トピック的にあまりオープンにしてはいけないこともあり(私はオープンにしたい気持ちがあるけど実際にするとなんか…引かれるんすよ、というか多分困惑させてしまうんだと思う、だから借入額とかの話したいけどできないし、私は別に誰も困惑させたくないし)、誰か、誰かに相談したい、でももう進む先がわりと定まってて私がこのモードになるともう変更ってことはまずないからもはやこんなの相談ですらない、でもでも誰かに話を聞いて欲しいしもっと言うと「大丈夫だよ」って言って欲しい根拠は別に無くていいから、もし大丈夫じゃないことが起きたとしても「あのとき大丈夫って言うたやん」とか絶対思わないから、誰か助けてくれ~ぐずぐず~という気持ちが一定値を超え、あぁこれ占う男案件かな…と思ったので、二度目の占う男を経た。

占う男を知らない人は取り急ぎtwitterでも見てください。
料金やバージョンはこちらに書いてあります

前回は文章(メールで結果をもらうやつ)で、今回はzoom(Web会議みたいなやつ)にしたけど、zoomもよかったな〜
特にタロットを見られたのが嬉しかったし、KYGは手がきれいだな、と思った。
デザインの界隈では仕上がりが丁寧だったり、その仕事に無駄がなく整然としてたりする様を「手がきれい」と言い表わす(傷が無い手、とか色が白い手、とかいう話ではない)んですが、それに近い感じがした。所作がうつくしいな、という。
たぶん手順とか、自分の中での「私はこうする」っていう、理由とか理屈とか抜きにした決まり事・お作法がいくつかあるんだろうな、と思って、それが気持ちいいな、と思った。茶道を見てるときとか、あ、手際の良い料理人を見てるときの感じにも似ている。

あ、これ別にデザイン界隈じゃないのかも、もっと狭い範囲でしか使ってないかも。知りません。有識者〜!

占いの内容についてはちょっと、細かいことはここには書かないけど(照れるから)、しっくりくることを言われまくって、キーワードとして言語化されていくことの気持ちよさがあって、これは前回も感じたけど「自分ではこうだと感じている、うっすらではあるけど気づいている」ことを第三者から「ここはこうなってますよ、あなたはこういうところがありますよ」と言われるの、不思議な安心感というか腑に落ち感があるんだよ。
「感」て言い過ぎてんな。「腑に落ち感」て。
でもこの「第三者」は誰でも良いわけではなくて、私は特に基本性格がヒネてるので「年上ってだけでエラそうにすんなよ」だの「私の何を知っててそんなこと言うわけ?」だのと思ってしまう思春期反抗期真っ盛りレンジャーみたいなところがあって(まじで恥ずかしいけどでもそうなの、ダサい)、だから、誰でも良いわけではない。
だから能動的に「この人がいい」と思える、友だちとか家族とかではない距離感の第三者をずっと求めていたけど、それをどうやって見つけたらいいのか、それがどういう職種の人なのかがさっぱり分からんというか「検索ワード自体が分からない」状態だったのを、ようやく「見つかったぜ!」というところまで持ってくることができたの、ほんとにうれしいんです。いてくれてありがとうございます占う男。

それと同時に「どうせ自分で決めるねんから身近な人だろうが第三者だろうが誰に聞いたって相談したってどうにもならんやろ、分かってるくせになんで出来ないのか、みんな自分で処理出来てる(ように見える)のに、何で私はいつまでもグツグツずるずるメソメソやってんだ」と思う気持ちもあって、そんな重く思い悩むほどではないにしても、ずっと苦しかったんだよ。だからうれしいんです、いてくれてありがとうございます占う男。

あと、私は多分「これについてはこれを使うことにする」っていうのを決めたい、決めたい人。「タイツは福助のを買う」みたいな。「ケチャップはハインツ」「ミスドではオールドファッション」みたいなやつ。もちろん途中で変わることも、例外もあるし、意図的に捨てることもあるけど。
だからここに「結構長い時間かけて思考してるわりになんかスカッとしない悩み・迷い・不安は占う男」を追加した感じだよ。うれしい。
この話伝わるのかな。わからんけどまぁ書いとこ。

タロットに関して、私はどちらかと言うと、(あんま好きじゃない超無礼な言い方するけど)「スピッてんのか?」と思う派なんですが、毎回「現在の心境・状況はこのカードです」ってやつが超!当たるんだよ…まさにそれだ、めちゃくちゃ当たってるわ、ってやつが出る。
…こういうことを言うと、私の”脳内第三者委員会”的なところに在籍してるヒネた奴がまた「そんなん捉え方とかでそう感じるってだけでしょ?誰にでも当てはまるようなやつでしょ?」と野次ってくるけど、その意見は採用しない。ツッコミがおもしろくない上に独創性も無い、ダサい、不採用です、すっこんでろ。

今回はある物事について「何かアクションを起こすのか、特に起こさないで現状のまま行くんか」という2択のタロットをやってもらったんだけど、「現在の(状況を表す)このカードはどういう意味なんですか?」という私の質問に「これはね、まぁ今ちょっと重箱の隅をつつくような感じになってて、イラついてるね、イライラしてます」と言われて、笑ってしまった。そうなんだよ、イライラしてる、なるほどそれだ。これ以上は今のところこっちからは打つ手が無い、膠着状態になってて「困ってんだよな~」ぐらいの気持ちまでは自覚があったけど「イライラしてる」は選択肢として浮かんで無かった。言い得て妙、とはこのことだ!

前回(2月)以上にフワッとした情報で占ってもらったけど、もしかしてもうちょっと積極的に情報を開示(?)した方が、より個の話になっておもしろいのかもしれん、と思った。なんかあんま具体的なことを言うとその前情報が邪魔になったりするのかな?と思ってて、「聞かれたことには答えるけどあんま具体的なことを自分からは言わない」というスタンスにしてたけど、「言わないってことは聞かれたくない、言いたくないってこと」と認識されてたらそれは超ズレがあるよな~次回は結構具体的なことを事前に発表してみようかな。

最後のやつ、まじで「知らんがな(好きにせえや)」と思った、けど別に消さないです。
あと毎占う男ごとにこういうブログを書くのかな私、と思った、けど別にいいか。好きにしよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE