BLOG

ながれ星をつかめたらどーしよ?(どーする?)

2019年6月24日 (月) 01:45

uncategorized

とても悲しい訃報があって、家にいる人(両親です)にそれを話したら、全然通じなくて、そもそも私はその人の友人ではないし、かろうじて知人ではあるのかもしれないけど私が一方的に知って、慕っているだけのことであって、そりゃあまぁ通じないか、そもそも私が説明できないんだもん、しゃあねぇわな、と思った。
結局わかってくれる人は全員インターネットの中にいて、でももしインターネットの中だけにこの人たち全員が存在するのだったら、みんなこんな思いをしないでいられたのに、などと考え、私は誰にも何にも言えなくなり、twitterの投稿画面を開いたり閉じたりしながらただめそめそ泣いて、何年振りかわからないけどりゅうくんが居たのでフォローして、りゅうくんが元気だと言うのでなんか嬉しくなって泣いて、感情がぐちゃぐちゃで、そんで寝た。結局寝るんだよ、毎日、馬鹿じゃねぇのと思うけど。なんで毎日眠くなるんだろうね、こんな悲しい日にまで。

でも私の悲しみは私だけのものであって、誰かのと比べたり、誰かに遠慮したりしなくていいんだってことを、もう知っている。感情は、人のと比べて大きいとか小さいとか、浅いとか深いとか、そんな風にしなくていいやつなんだよ、この気持ちを誰かにわかってもらうことも必然ではない、私はもうとっくにそれを知っているから、事情も経緯も知らないけれど、構わず風呂場でぼろぼろ泣く。

目が覚めたら、私なんでまだのうのうと生きてんのかな、と思い、すぐに打ち消そうとしたけどだめだった、私なんでまだのうのうと生きてんのかな、アホみたいな顔して。
でも他にどうしろってんだよ、のうのうと生きる以外、私に何ができる。

翌日の朝、家を出てiTunesを開き、その人の名前を検索したら、9年前のミックスがあったので再生した。私がよく知らないってだけの理由で避けてきたような食わず嫌いの音楽を、おいしく食べられるよって教えてくれたのは間違いなくこの人だったな、夜中のUSTに、何度も救われたな、と思って、この人がもう居ないという事実が悲しいし、嫌でたまらないのに、それとは全く関係なく「古い手紙」がかっこいいし、おジャ魔女どれみのイントロがイケてるしで、楽しくなってきて、楽しくなってきてることにムカついて、もうどんな顔で生きたらいいのかさっぱり分からん。感情と表情が一致しないし、感情っていっこにならないんだよ、なんだこれ、不便だな。

どんな顔でも、生きてる人は生きなきゃだめだな、あの人の分も、とかって話じゃない、私は私の分を出来るかぎり、真っ当に、アホ面でのうのうと生きる。

山田ワープさん、ありがとうございました。ずっと、いちばん好きなDJです。

感情の一覧

2019年6月17日 (月) 21:54

uncategorized

少ない言葉数で的確に何かを言い表したり、不特定多数の人に「あぁ確かにそうだな」と思わせられるようなことに、ちょっと、いやかなり、あこがれがあって、まぁキャッチコピーを上手くつけられるような、そういう人にあこがれがあったっすけど、今はもうなくなってしまった。
いや、なくなったのではなくて、あきらめたのだと思う。そのこと自体がいいことなのか悪いことなのかは分からんけど。
核を突くように言葉を操りたかったんだよ。でもこういうのって向き不向きがあるでしょう。私は何をどうしても、ものごとの本質を掴むのに時間がかかるし、それを自分の中で自分なりに処理するのにまた時間がかかって、一旦処理できたな~と思っていても、まだだ、まだ何かあるんじゃ、と思ってそれを取りだし、またずーっと咀嚼してるみたいなところがある。核を突くなんて、無理だよ、今世では無理。でもそのことを残念に思う必要はない、それはそれとして置いておこ、そんで次のことやろ。向いてるやつ、楽しいやつ、上手くできるやつをやろ。

昨日ベッドで横になりながらKYGとハヤシさんのネットラジオ(オブラディズムラジオ #obladio)を聞いていたら、”孤独をどう処理するのか”みたいな話になっていて、あぁおもしろい話してる、と思うのに眠くて、結局最後まで聞けなかった。みんな、孤独をどう処理してるんだろう、あとあの話けっきょくどこに着地したんでしょう。私はね、孤独だ!と感じるとき「あぁ孤独だ…」と思うことにしているよ、かみしめるというか、浸るというか、抱えるというか、何回もなぞるみたいにして、とにかく大事に思うようにしている。紛らわせない。散らしても、どうせまた戻ってくるから、だから紛らわせないで、大事に思う、孤独とともに暮らす。

そもそも”孤独”はあまり、悪さをしない感情のような気がする、ナメてかかって飼いならそうとすると抵抗して手ごわいけど、一緒に暮らそうよ、と素直に言えば素直についてきてくれる。悪さするのは”嫉妬”とか”焦燥”、あと”自尊心”とかじゃない?
でも誰かの”孤独”と私の”孤独”は、ぜんぜん違う性質なんだろうな。みんなオリジナルの”孤独”を、どうにかこうにかやり込めたり、やり込められてぐったりしながら生きてるんだろうな。
みんなえらいね。私もえらいので、よかったら褒めてください。

そういえば”孤独”と似ている感じがするけど”空虚”はやだな、私”空虚”は大事にできない、大掃除とか豚汁をつくる、とか、そういう、手を動かすことで紛らわしてる。
”空虚”もいつか大事に思える日が来るのだろうか。

気づいたら俺はなんとなく夏だった

2019年6月16日 (日) 23:32

uncategorized

福岡は思っているよりも遠い、新神戸から2時間半かかる。精神的距離(?)だとそんな遠くないのに、東京に行くのとおんなじだけかかる。東京に行くのに新幹線を使ったの、もういつか覚えてないぐらい前で、最近はずっと飛行機を使うけど、飛行機は飛行機でこないだの札幌からの帰りみたいにド遅延(4時間!※大声)したりするし、まぁ良し悪しっすかね。

弟と義妹が「美味いから行ってこい」というパン屋さんに行ったらオープンちょうどに行ったのにがっつり並んでて、でももう引っ込みがつかない(気持ちの)ので雨のなか我慢して並びました。その結果、私は行列に並ぶのが嫌いなんじゃなくて、嫌いなのは別のものだ、ということに気がついたけど、ここには書かない。愉快じゃないから。なるべく愉快な話だけしたい、週末だから。そんな理由か。そんな理由よ。

先週福岡に行っていたというおしこまんにいろいろお店を教えてもらって、結果とってもよかったな、と思った。行った人とか住んでる人とかに教えてもらうのはとっても良い。食べログとかレビューサイトだけ見ててもだめだ、少なくとも私はだめ。もうわからんもん、何が広告で、どれが意見でどれが事実なのか、わからん。意見と事実はとくにわからん。

福岡のコーヒースタンドはわりとエスプレッソを飲ませるお店が多い気がしたけど合ってる?神戸は比較的サードウェーブのアレが多い気がするよ。合ってる??…サードウェーブのアレて。

帰りの新幹線で前の席に座った20代前半くらいの男の子が「席を倒してもかまいませんか?」とわざわざ聞いてきて(聞かれたことないよ、私も聞いたことないし)、動揺のあまり無言のままめっちゃ頷いてしかも手で「かかってこい」的な、ブルース・リーみたいなジェスチャーをしてしまい、自分の野暮さにまた動揺した。何やってんだ。ダサい。しかも聞いてきたわりに5cmくらいしか倒してこない。もっと倒しても大丈夫だよ…どこ行ってきたん?お土産交換こする??

「倒していっすか?」的な発音でなく「倒してもかまいませんか?」と言ったのもなんかスマートで、粋だったなぁ。きれいな言葉が使えるんだね…

以下、写真等です。最近ブログに写真を載せるようになったけど、誰も読んでないブログに写真載せて何を説明したいのか、みたいなことを考えだす、ともうキリがない、ので考えるのは別にいいけど、深くは掘らない。それにしても今日は今日で、良い日曜だったよ。来週もどうにかやりましょう。


おしこまんに教わった梅山鉄平食堂、というお店のごま刺身定食。間違いない、うまい。これで500円だと言う(何周年だかの感謝価格?らしかった)ので申し訳なくなり、レジに売っているステッカーを買った。いつも通ってる店の感謝価格ならいいけど、私が感謝され、安くしてもらうのは筋ではないな、と思って…気にしすぎかもしれんけどな…!私はおいしいお店に儲かってほしいし、儲かって続けてほしいんだよ。お店に限った話じゃないけど。

これと、KISS(鱚)ステッカーも買いました。1枚150円。
かわいい。

通りかかったレコード屋さんで買った、何かよくわからないレコード。いったん通りすぎたけど「もしかしたら何か良いものがあったかも」と思い、戻った。この場合の「何か良いもの」はまったく具体性がない。カルテットて書いてあるからインストかな、と思うけど、裏面も読めない(英語じゃない)し、まだ聞いてないです。民族音楽的なのを期待してるけど、全く違うかもな!旅先で見つけたレコードは、何かよくわからなくてもジャケットが気に入ったら買って良い、ということにしている。
リビングステレオ、というお店でした。試聴スペースがちゃんとあって、良いお店でした。私は社会性が無いので試聴できませんでしたが…

まだ21時ぐらいだったので焼き鳥を食べてちょっと飲む。私、ひとりでもお酒を飲めるようになったんですよ。えへへ。
福岡では焼き鳥に山椒をつけないらしい(とけいちゃん情報)。
私は一味と山椒をつけるけど、みんなはどうですか?

雨の中並んだパン屋さん。明太フランスが有名らしい(おいしかった)けど、他のパンもおいしかったです。
むちむちした食感の、干した果物やナッツが入ったパンに目がない。あとバター、バターがたっぷりのやつ。
パンストック、というお店です。

歩行者の多いところでは「おしチャリ」が推奨されているようです。神戸では見かけないけど、わざわざ名称を付けるのがかわいい。おしチャリ。

おしこまんに教わったタグスタ、というお店。奥にギャラリーもある。良い店だったなぁ。

おしこまんに教わったマヌコーヒー、というお店。ポップな店内に結構な音量で「透明少女」がかかっていて、どんな顔をすればいいかわからん、と思ったけど、コーヒーはおいしいし、ちょいちょい好みの曲がかかるのでShazamで調べたりしてゆっくりした。コーヒー屋さん、BGM大切だなぁ。あと天井を躯体あらわしにするのいいなぁ。塗装しても良い。

福岡、サイズ感としては大阪に近い気がしたけど、人がそこまで多くないので過ごしやすかった。もうちょっとゆっくり行きたい。

ARCHIVE