BLOG

カテゴリー:音楽のはなし

ただでさえウザイこの世界に乾杯!

2019年4月7日 (日) 20:35

音楽のはなし

今年の2月に生まれて初めて占いをしてもらって、私にとってはまじでエポック!な出来事だったので
会う人会う人に「占う男」ことニシーさん(https://twitter.com/nsikyg)の話をしていて、
(でも私はずっとKYGと呼んでるし、今後もそうしたい、KYGさん、とかじゃなくてKYG)
(だってミック・ジャガーのことミックさん、とかリアム・ギャラガーのことギャラガーさんとか呼ばへんやろ、KYGはKYG)
(あ、直接会ったら西井さん、て呼ぶと思うけど、それはだって…なんか、大人として…)
そうすると必然的にSTANの話をすることになるけど、相手がSTANを知らない場合もあって、
めっちゃかっこいいから聞いてみて!、とか言ってると自動的に自分も聞きたくなって
延々聞いてると今度はそのことを、曲の感想とか、歌詞の話とか、細かいことをTwitterで言いたくなって、
でもそうすると私のTwitterはKYGにフォローされてしまっているので(そのこと自体はとても嬉しい)
STANについてなんか言うとご本人に「いいね」されてしまって(そのこと自体はとても嬉しい)
そうするとどんどん自分のことが”KYGに「いいね」されたくて媚びてる馬鹿”に見えてきてしまって
これは全く本意じゃない。ただ好きなことを好きだと言いたいだけなのに、なんか不自由だな。
誰もそんなこと気にしてなくて、単に私が考えすぎなだけかもしれん。そうだといいな。
私は私自身の出来ることとかしていいことを自分で狭める傾向がある、誰にも禁止されてないのに。
あとぜんぜん怒られてないのに、もしかしたら誰かを怒らせたり傷つけたりするんじゃないか、と思って
ずーっとグズグズしてるときある。
あと、どうしても「占う男」=ニシーさん=KYG=STANが切り離せない。
いや同一人物なのだから当然のことではあるけど、別のものに出来ないんだよ、私の脳が。

…「されてしまう」って言い方、嫌なときに使うやつかな。
でも違うよ、他では知らんけど、ここでは違います。

KYGはマイクが少し低い位置で、上からかぶりつくみたいにして歌っていて、
Tシャツからのびた痩せた腕でレスポールをガリガリ弾く、これ以上ないほどステージに立つのが似合っている気高く正しいバンドマンだったし、メロは良いし演奏はうまいし、歌詞も曲もかっこよくて、
だから好きにならない理由がないようなバンドだったんだよSTANは。
あ、マイクの位置はその日たまたまだったのかもしれん。ははは。

まず「AUSCHWITZ」っていう曲があるけど、その歌詞の

壁を背にして キスをしたとき バラが笑ってら
転げまわって もがき苦しむ オレが見えそうな 気がした

というところがむちゃくちゃに好き。
いや、これだけ読んでも別にピンとこないと思う、私もこないわ、けど
これメロディーにのるとめちゃくちゃかっこいいのだ。
口に出して歌いたくなるし、歌うと気持ちいいし、この曲はそういう歌詞だけで出来てる。
何回も聴いちゃう。音量を上げちゃう。
この曲途中で曲調が変わるところもかっこいいんだよな~

歌詞の話をしているとき、わりと「それは詩の話であって私がしたいのは歌詞の話なんだ」と思うことがあるけど、STANの歌詞は曲とともに在って、ほどけないようにぴったりくっついているさまが美しい。
”よい詩”と”よい歌詞”は別のものだ。よい歌詞はメロディーを背負っていく度量がある。

あと「ULTRAMAGNETICSTANS」っていう、まぁ自己紹介(?)みたいな、
こういうの思いついてもやれないんじゃないかな、という曲があるけど
ある種の抑制というかなんというか、バランス感覚があるところがすばらしくかっこいい。
KYGはビッグマウスで飄々としてるイメージがあるけど、たぶんそんな、別に”尖った人”ってわけじゃなくて、この人はやさしいし、外から見えるよりもずっと冷静で、あぁ全部わかった上でやってたんだな、とか思う。
当時はわりとそういう「エッジきいた人」と思って、キャラクター的なものとして、ある意味純粋に私は観てたけど、今となっては、そういうアプローチをすることも出来るから、その時はそれをチョイスしたんだな、という見方ができる。

そして「タイガーアイ」という大名曲について、その歌詞に

どんだけ憎んでも どんだけ愛し合っても 最後の最後はひとりになる
それに気付けるかどうかのことだよ

っていうのがあって、これがもう首がもげるくらい、同意同意同意。
この曲全編ずっとこういう大事なことしか言ってない歌詞なんだけど、同じメロディーで

何が本当か さっぱりわかんなくなっても 価値とか意味とか見出すのは
他の誰にもやらせちゃダメなのさ

っていうのもある。
これ書けたとき、どういう気持ちだったんだろう。
もし私がKYGで、これが私が書いた歌詞だったら、震えがとまらないな。
あと、すぐよっきゅんに電話すると思う。やばいの書いちゃった、真実だけの歌だ。
KYGこないだ、曲はなんぼでも出来るけど歌詞が大変だ、みたいなこと言ってたけど
大変でもこれが書けるのすごいよ。すごいぜ…
あー「Shuffle Off」も好き。あと「KYGのイチゴジャム」も好き。

唯一の問題、いや欠点、STANの欠点は既に解散してしまってる、ってことよ、いや別に欠点てことはないか、
でも、だからライブに行ったり、新曲を待ったりする楽しみがないんだよ。
でもバンドに限らず「もう出来ない」ってなったとき、ちゃんと終わりにするってのはかっこいいことで
そこにSTANらしさを感じる気持ちもあるわけで、だからゴネないようにしたいやね。ファンとして。
…いやもう何年前の話よ、解散は。去年のこと、みたいなテンションで書いてるけど、
解散したのは2011年です。
でもいつ何をどんなテンションで書いても良いよね、自由にやります。


KYG本人もこう言っているし、私もそう思う、今からでも売れろ、と思ってる。
Spotifyで聴いてください。CDが良い人は私が貸します。
「いやいや、KYGが占い師って…」と思ってる人は、占いやってもらうといいと思う。
我々は敵ではない。

ここまで散々STANかっこいい!好き!って言ったあとでアレですけど、
私はKYGが今「占う男」であることを超良いやん最高やん、と思ってるから
STANに再結成してほしいとか、占いはいいからSTANをやってくれとか、そういう気持ちは全く、ぜんぜんない。
ぜんぜんない、というか、またSTANをやるならそれはそれでもちろんうれしいけど
本人たちがやりたいことをやりたいときにやりたいようにやってほしいだけだ。
つーか当たり前に生き物全てがそうできる場であってくれよ地球。
(規模がむちゃくちゃか)(神の位置で言ってる)(酔ってない)

上記の記事をちょっと前にワーッと書いて、なんとなく、公開せずに下書きに置いていたんですが、
なんか急に公開したい気持ちになってきたのでそうします。
いつか消したい気持ちになったらまたそうします。
いつ何を世に放ってもいいし、それを葬ってもいい、自由にやります。

こないだタケがSTANを知らないって言うので「聴いて聴いて、Spotifyで聴けるらしいよ」つったら
次の日にもう「ALL BLUESが好きです」って言ってきたの、最高やった、超うれしかったな。大騒ぎした。
私はタケがめちゃくちゃ好き。
「ALL BLUES」は、なんか、良い表現がみあたらないけど、あの、すごく、大事な曲。

マーライオンのお茶会

2019年4月3日 (水) 21:51

音楽のはなし

先週末、シンガーソングライターのマーライオンくんが京都でのイベント「うたのゆくえ」に出演した(めっちゃ良いイベントでした)ので行ってきてんけど、
マーくんと私、もう7年(!!!)の付き合いになるらしい、めちゃめちゃびっくりした。
7年つったら0歳の子が7歳になるっつー年月のことやで(そうやで)、まじかよー。
今のホームページ( https://maaraion.niyaniyarecords.com/)は2代目でして、
初代は、2013年の年明けに公開してて、
だから作り始めたのは2012年の暮れで、今は2019年だから、なるほど7年の付き合いだった私とマーやんは。
でも7年間一度も顔を合わせることなくSkypeとメールとLINEでやり取りしてきた、あと手紙とかで。
ふっしぎ~。

マーくんは「ホームページを作ってほしい」という旨の大変丁寧な文面のメールを私に送ってきてくれて、
さっきメールフォルダを見返してみたら一番最初のメールで「一緒に面白いことをしたいです」と言ってくれていて、今もベースは全くおんなじだな~と思ってニヤニヤした。しあわせな気持ち。
変わるものもあるけど、変わらないものもあるし、どっちも良いもんなんですが。

2012~2013年に作った初代マーライオンホームページは、デザインは今もわりと気に入ってはいるものの(さすがに古くは感じるけどな、色合いとか)、
コーディングがまじでどーーーうしようもなくて、ぐちゃぐちゃで、
あと全ページHTMLベタ打ちで作ってて(それしかできなかったんだよ7年前、笑わないでほしい)
だからマーくん自身で更新するところは「ここからここまでコピペして、必要なとこだけ打ち替えて、もし崩れたら連絡して」っていうお願いをしてて、
今考えたら「よくもそんな無茶を言うなぁ…」と思うような、
そういうものすごい(ひどい)運用でやっておりました。

マーくんには申し訳なかったな、と思うと同時に、
私は私で、ちょうど前の仕事を辞めるタイミングだったので、
DTPからWebに移ろうかな~できれば両方出来る人になりたいな~みたいな時期(完全な過渡期)だったし、
でもあのとき自分にできる精一杯のことをやったんだよ、とも思う。

マーくんには結局7年後の2019年3月31日まで直接会えるタイミングが無かったけど
何らかのご縁があって私を見つけてくれて、一緒に面白い事したいって言ってくれたこの人に
ちゃんと応えたかったし、そうやって応援がしたかったんだよ。
今もずっと私はそれです。

今回の「うたのゆくえ」で私は初めてマーライオンのライブを観て、
CDではもちろん聴いてきたけど、初めてライブで観て、これがまぁ楽しくて、良かったです。嬉しかった。
ああやって人の前にひとりで立って、多分ぜんぜん伝わらないことだってあると思うし、こわいだろうな、と思うのに、でもマーライオンという人は、逃げないで、全く諦めないで、誰とでも、何回でも向き合おうとする、広く開かれた音楽をやっている人でした。
あとステージにいるとき、はっきりと「楽しそう」だったのが、本当によかった。
あぁこの人は楽しいのか、音楽が好きで、こうやって歌ってんのが楽しいんだ、と思って、
そんな風にされると、観てるこっちも楽しくなってくるし、そのこと自体がうれしいんだよな。

あと、いっしょにご飯を食べてるときに
マーくんが話してて、お店の有線でイエモンの「SPARK」がかかり始めて、
私が「あ、イエモンが」と言うと、
マーくんは、自分は話をしてる最中やのに「そうなんすよ、かっこいいすね」と言ってまた普通に元の話を続けてくれて、このことがすっごい嬉しかったんですけど、え、この話伝わるのかな。何言ってっか分かりますか。

私はわりと一緒にいる人の話を(ちゃんと)聞いてても、お店で流れてる音楽とか、
隣の席の話とか店員さんの会話とかがほぼ全部聞こえてて、
だから好きな曲がかかると本筋と関係なくその話を挟みたくなってしまう時があるんだけど、
相手にはポカンとされてしまって、しかも「ちゃんと話聞いてないなコイツ」と思わせてしまう、みたいなことが多くて、
だからマーくんの反応がすごい、嬉しかったの。

私は自分が話してる側だとしても「こないだ映画館に行ったときにさ~、あ、ボヘミアンラプソディが、このあとのギターソロ、隣に座ってたおじいちゃんが開始5分で寝だして、寝息聞こえるぐらいがっつり寝てて、」みたいな話し方になるんだよ。混線か。

マーライオン未聴の方はぜひどうぞ、人生がもっと楽しくなるよ。
おすすめは2018年リリースのミニアルバム「ばらアイス」です。
(私は”ひなまつり”という曲がいちばん好き、”ばらアイス”も好き)
特設ページがあります。 https://maaraion.niyaniyarecords.com/special/bara-ice/
タオルハンカチ付き(かわいい)のCDと、ROSE RECORDSからアナログ盤も出てます。

まずこれをじっくりゆったり聴いて「ほっほ~ん、なるほど、アコギで弾き語りの人ね」と油断したところで
その次は「とんかつ道」とか「アウトレイジ」とか聴いて度肝を抜かれろ。
「茶道クラブ」もめちゃめちゃ良いぞ~
あ、先に「アウトレイジ」を聴いて「うおぉら~!!!」ってアガッてから
「熱しやすく冷めやすい」とか聴くのも良いな…
どっちも良いわ、好きな順で聴け。目についた曲からガンガン聴け。
Spotify、Apple Musicにもあります。

直近のライブは今週末、2019年4月7日 日曜日に下北沢Lagunaです。
4月ライブいっぱいやるやん!行って行って!
ライブ情報ここです。

この誰も見てないブログに宣伝を書きまくってる、という事実から
「私がどれだけマーライオンを推してるか」をどうかみなさまお察しください。

マーくんまた会おうね!あんな楽しい2日間をどうもありがとう!ラブユー!

自嘲的自尊心

2019年3月24日 (日) 22:46

音楽のはなし

友人に「体力的にも心配やし、なんか温度差があるとキツい」みたいなグズグズした話をしたら
「えー行ったほうがいいんじゃないの、だってめっちゃ好きじゃん」とアッサリ言われて、
それもそうだ、確かに、私めっちゃ好きだ、と思い、その日のうちにチケットを取った。
それで今日、スパルタローカルズのワンマンライブに行ってきました。

新しいアルバムが先月出ていて、
それが良くなかったら(良いと思えなかったら)ライブなんか行きたくないな、とか、
どういうテンションの人が来るんかわからんし怖い、
昔の曲だけが盛り上がるタイプの「懐かしいわ〜」と言うだけの日になったらまじで嫌だ、
なにその不毛なライブ、まじ勘弁、
そもそも再結成1回目のライブにも、そのあとのワンマンも見に東京まで行ったし、
今更エモがるだけの生き物になりたくない、などと
(勝手に)気が重くなっていたりしたものの、
どれも全くの、全くの杞憂だった。

今日いちばんかっこよかったのは「battle」だったし、
いちばんグッときたのは「noRmaL」だった。
どっちも2月に出たばかりの、新しいアルバムの曲だ。
「jumpin」もよかったなぁ。
「俺たちの音楽の 美しさで とびな!」って言われるの、よかった。
ありがとう、スパルタローカルズ。
おめでとう、スパルタローカルズ。

スパルタローカルズは私に、マイノリティーのまま生きろと言ってくれた大事なバンドだ。
十三や心斎橋のライブハウスに行くようになった、まだお酒も飲めない16歳の私は、
心の中に「リトル・コウセイ」を育てていたし(まじで)、
胃の裏の名前が付いていない臓器に刺さったトゲのように、
今もずっとスパルタローカルズは私のパンクロックだ。
ダサいライブなんか一回もしたことなかった。
ずっと誇らしいバンドでいてくれた。

安部コウセイは「どんどん君を好きになっていく」とか「想いを込めて歌うのさ」とかいう歌詞なのに、
どう見ても客を睨みつけていたし、血走った目で、ずっと怒ってるみたいに歌うボーカリストで、
でもそれがめちゃくちゃにかっこよかった。
(あの人、あれ以外の仕事をしているイメージが一切湧かない、なんかやったことあるのかな、画家くらいしか似合わない)

2009年に渋谷AXで解散した時、ほんとうに悲しかったし、悔しかった。
なんでこんなに大好きで、ずっと自慢のバンドだったのに、
イギリスでもアメリカでもなくスパルタローカルズは日本のバンドなんだぞ〜良いだろ〜と思っていたのに、誇らしかったのに、なんでだよ、報われろよ、報われてくれよ、と思ってて、
あの日のライブを最後まで見届けるのが嫌で嫌で、結局アンコールを見ないで帰った。(もったいなかったね)
あんなにライブで泣いたのは初めてだったし、
周りの人たちは全然、誰も泣いてなんかなかったのに、
私は駅まで泣きながら走って帰った。つらかった。

だから今、2019年になって、またアルバムを作ってくれて、
スパルタローカルズのライブにいける日がきて、本当にうれしい。
新しいアルバムはかっこいいし、ライブもよかった。
あと何も言うことなんかないよ、ありがとうスパルタローカルズ。

バンドが解散したり休止したり、再結成したり、なんにせよ
ただのファンであるこっちは一切言うことないし、
完全に本人たちの思うまま好きにやってほしい、としか思わないんだけど、
それでもまたこういう日が来たことを、ただのファンとして喜んでいいし、
続く限りは応援して、いいよね。良いはずだ。そうするね。

そう言えばあの日の、解散ライブのチケットは、なんか2階の、椅子席しか取れなくて、
ミクシーで交換してくれる人を探したんだった。
妊娠何ヶ月だかの人が「できればゆっくり座って見たい」と言って、当日、交換してくれた。
あの時お腹にいた赤ちゃんは、無事に産まれたのかな、そうだといいな、
多分もう小学校高学年くらいになってるね。

ARCHIVE