TANAKA NOZOMI

BLOG

カテゴリー:音楽のはなし

最近のはタテ編み

2020年10月10日 (土) 22:44

音楽のはなし

10月10日はアナログフィッシュの日だ。魚(とと)の日、ということらしい。
2010年10月10日に新木場スタジオコーストでやったライブに、病気療養中だったドラムの州ちゃんが復帰して以来、毎年10月10日は何らかの「たのしいこと」を用意してくれている。
今年の「たのしいこと」は配信ライブだった。

ライブに行けなくなってからどれぐらい経ったっけ、最後に見たライブ何だっけな、と思ったけど7月に野外ライブ行ってたわ。配信ライブは終わったあとなんとなく空虚な気持ちになる時が多くて微妙な心境ではあるけど、私は好きなバンドに好きなだけバンドを続けてほしいので、そのためにお金を払いたい。つーかやめたいならもちろんやめたっていいのだけど、やめる理由がお金だけなんだったらぜったい嫌だ。

今回の配信ライブ「Town Meeting by the Sea」は江ノ島オッパーラで事前に収録、ミックスして編集したやつを流すからみんなで見よう!メンバーもコメントするよ!というやつだったのだけど、何よりライブ自体がとっても良かったので良かった。「よかったのでよかった」ってすごい、ばかみたいな感想。でも音もよかったし、映像もすごくよかった、雰囲気いいね、という感じだった。現場に行けないなら、映像作品としておもしろいものを見たい、という気持ちがある。

配信開始直前にお昼寝をしていて、あと30~40分で始まるなぁというころに起きた。ちょっとおなかすいた…焼きそばでもたべよう、と作って食べたら、下岡晃の新曲が「yakisoba」だったのですごかった。単なる偶然ではありますが。
しかもめちゃくちゃいい曲だった。「うちに帰ったら 焼きそばを食べよう 3食入りの 食べ慣れたやつを」という歌い出し。あぁ今食べ終えたやつがそれだよ、私が食べ慣れた3食入りのはマルちゃんのやつです。

サビで「なんにもいいことない なんにもいいことなかった」に続けて「いい日だった」と歌われたので面食らってしまい、そのあとじんわり好きだった。なんだこのさみしくて愛おしい歌は。
そうなんだよな、「なんにもいいことない」と「いい日だった」は両立するんだよ。全然真逆のことではない。
帰ったら焼きそば食べよう、冷蔵庫になんかしらあるからそれで、別に寄らなくていいけどスーパーに寄って、あ、今日夕焼けきれい、あの子いま何してるかな、電話してみよっか、まぁ後でいーか、みたいな日、あるもんな。そしてそういう日は「なんにもいいことなかった」し、「いい日だった」んだよ。
なんだこのさみしくて愛おしい歌は。
なんでこんな曲が書けるんだろう、いいなぁ、下岡晃になりたい。

そしてこういう曲を歌ってはいるが「何もない日こそ尊い日である」みたいなことを説いてるわけではない、と思うけど実際はどうなんだろな、でも私は下岡晃のそういうとこが好きだよ。「そういうとこ」っていうのは「下岡晃はこういう人です」ってとてもひとことでは言えないとこです。まぁ人間は誰でもみんなそうやけど。

そういえばこないだ下岡晃がインスタライブで着ていたチャンピオンのスウェットに「お直ししたやつですか?」とコメントを打ったら「そう、これもう10年以上着てて、あのこれ、横編みなんです」と答えてくれてうれしかった。好きな人がするどうでもいい話ってなんであんな愛おしいんだろうな。毎晩どうでもいい話を留守電に入れておいてくれる恋人がほしい。

I’m still at No.13

2019年12月2日 (月) 23:21

音楽のはなし

KYGが「今年の10曲」の話してて良いな~と思ったので私もSpotifyでプレイリスト作っときました。曲順をもう少し考えたいのでこれは暫定です。曲順めっちゃ大事にしたい。したい派。あとKYGはTwitterでよく音楽の話しててうれしい、ずっとしててほしい。

https://open.spotify.com/user/t2kxndpkz87ix3enomchaldxs/playlist/7un4O1UIJbadbanUP2lGfs?si=QZLOFpPrQwmHQL4b94WTlA

「今年の10曲」的なやつたまにやる、というか私、お姉ちゃんに毎年「その年によく聴いて好きだった曲のMIX CDを作成してジャケットデザインまでやってタワレコの袋に入れてプレゼントする」っていう、それにJOURNEY RECORDSっていうレーベル名?みたいなのまでつけてロゴも作る、っていう、趣味みたいなのがあったっすけど、最近やってないけど、あれまたやりたいな。たのしいんだよ。
お姉ちゃんにあげる、っていうのは一応誕生日プレゼントに、っていうのと、あとお姉ちゃんが一番気楽にあげられる、という。「あんま好みじゃないかな」とか全然考えずに渡せる。ある意味で全幅の信頼を寄せてるんだと思う。甘えてる、とも言う。お姉ちゃんありがとうね。こういうときだけ「お姉ちゃん」呼び。

にしても音楽の話はたのしいやね。人が聴いてる音楽の話に興味が出てきて、なおかつそれを聴いてみようかな、と思うの、精神的にかなり余裕の要ることじゃなかろうか。私も数年前までだったら「今年の一曲なんて選べない、選びたくないし選んだとしても誰かに言いたくない、どうせ誰も理解しない」みたいなことを言ってウジウジしてた気がする。どおりで今よりずっと生きにくかった。
こうやってできないこととかやりたくないこととかどんどん無くなっていけばいいのに、その上でできなかったこととかやりたくなかったこととかを忘れずにいられたらいいのに、そしたらもっと包容力みたいなのがでてくるのに。知らんけど。知らんのかい。

せっかく選曲したのでちょっとコメントを書くわ、自分で見返したときおもしろいからな。にしても今年出た曲が少ない…ええねんけど…

■Take On Me/Weezer
原曲も好きなんだけどこのカバーは良い、よかった、つーかこのカバーアルバム良かったな。カバーってそんなに好きじゃないのだけど、個性が確立した人がやるリスペクトとラブのあるカバーは大好き。この曲はMVも原曲オマージュで好きだったです。

■ラジオデイズ/スピッツ
スピッツ、今年はアルバムが出ましたね、最新アルバムがちゃんと良くて、ちゃんと好きだと思えるの、本当にうれしいことだ。
この曲はスピッツにしてはめずらしいほど「そのまま」を歌っていて、でもほんとに思ってることだけ歌っていて、きゅんとする。スピッツがいてくれて良かったよなぁ。私スピッツがいなかったら中学を卒業できなかったんじゃないか、と思う。この曲は昼休みに、散歩しながらよく聴きました。

■Sheep Go To Heaven/CAKE
今年フジロックで観られてほんとにうれしかった、CAKEまじで最近聴き始めた(下岡晃の影響で)し、全然ライブ観られる気がしてなかったので、幸せでした。めっちゃ歌った。
しかしこれ何の曲なの?歌詞よんでも全然わからん…何かの比喩なのでしょ…?わからん。
つーかあんまどういうバンドか知らないな、と思ってちょっと検索したら「カリフォルニア州サクラメント出身のバンド」とのこと。お、サクラメントか、「レディ・バード」やん。

■YAKE party No Dance/東郷清丸
お名前は存じていたのですが聴いたことなかった、今年初めてイベントでライブ観て、これが東郷清丸…めっちゃええやん…の世界になり、今年はアルバムも出たのでレコ発?も行きました。曲が良いし声が良いし、ビジュアルも良いし、おもしろいこといろいろやってて、好きだな~
この曲は途中でゴッドファーザーが入るところがとっても気に入っています。

■RIVER/tofubeats
これ全然今年の曲じゃないけど、今年一本目に観た映画が「寝ても覚めても」だったので選びました。この曲は主題歌。
最後のシーンで川沿いを走るとこ、今年観た映画の中で一番すきなシーンだと思う。どうやって撮ったんだろう。偶然でもすごいし、待って撮ったとしてもすごい、かっこいい。震えちゃう。
私はtofubeatsさんの2017年リリースのアルバム「FANTASY CLUB」が本当に好きで、この年の、とか言うレベルじゃなく人生でも、ぐらいのレベルで大好きだったので、次に出るアルバムが全然好きじゃなかったらどうしよう、私の中のtofubeatsが終わってしまうかもしれない、と怯えていた。そしたら次作の「RUN」が次の年に出て、これまたかっこよかったので、全くの杞憂に終わりました。私のtofubeats、全然終わんなかった。よかった。
この人「あんまり自分で歌いたくない」みたいなことインタビューで言ってたけど、私はぜひ自分で歌ってくれよ、と思う。tofubeatsの歌めっちゃ良いよね?

■Zombie Bastards/Weezer
今年の10曲を選ぶのにWeezerを2曲入れてしまうという…Weezerが好きなんです。とはいえこのアルバムがすごく好きだったか、というとそうでもないし、この曲がすごく好きだったか、というとそうでもない。そうでもないんかい。でもWeezerが大好きなんです。リヴァースが元気そうにしてると嬉しいの、どうか元気でいてくださいね。

■Friday I’m In Love/The Cure
CAKEに引き続き、今年フジロックで観られてほんとにうれしかった、やっぱライブ観ると印象が変わったり、曲そのもののイメージが変わったり、曲以外の記憶がくっついてきたりするの、好きなんだよな。「Inbetween Days」と悩んだけど、今年は「Friday I’m In Love」の方がよく聴きました。ただもう一枚ずつアルバム聴くのおっつかないな、という感じがあるわ、しょうがないけどね。CUREに限った話じゃないか。

■シャッターチャンスを君にあげるよ/マーライオン
マーライオンのライブを今年初めて生で観られたの、超よかったなと思う。受け入れられたいなら、理解されたいなら、まず自分がちゃんと開かないとだめなんだよな、というようなことを思い、マーくんに会えてよかったな、と思ってジーンとした。私たち、全然出会わない可能性の方が高かったもん、マーくんが見つけてくれなかったら、メールくれなかったら、多分全然出会うことなかったよ。
この曲はなんか音像が好きなのと声がやわらかくて好きで、寒くなってきたら特によく聴いています。気温て音楽にすごく重要な要素だ。

■No.13/ELLEGARDEN
「どの曲が好き、とかある?」となかひろが聴いて、「え~いろいろあるけどなぁ、あ、No.13とか」と私が答えた。「どんなだっけ?」と言うので私はちょっと歌って、「でもやらなさそう」とか言ってたら、やったんだよ、グリーンステージで。ELLEGARDEN新譜出たりすんのかな~クッソ楽しみ。この曲、音デカくてうるさいんだけども、好きな曲だ、ティーンエイジャーに戻ってしまう。

■noRmaL/SPARTA LOCALS
スパルタローカルズ再結成後、初のアルバム、今年一番うれしかったアルバムかもしれない。
再結成自体は本当にうれしかったけど、東京までライブを観に行ったけど、でも昔の曲をやって懐かしんだり盛り上がったりしているだけのバンドになってほしくない、もちろんそんなつもり絶対ないだろうけど、こっちだってまじでずっと好きでいたいんだよ、でもちゃんと今作ったやつを聴くまで安心できない、もちろん信じてるけど、でもでも、みたいな気持ちがあって、だから今作がばかみたいにかっこよくて、心底安心した。笑っちゃったもん、あはは、めっちゃスパルタローカルズ!つって、スーパー行った帰り道。ナメててすいませんっした。いやナメてはないんすけども。さすがっす、まじ泣けたっす。
そういえばコウセイのブログが好きだったんだけど、またやってくれんかな。ないか。Twitterじゃなくてブログがいいねんけどな。

以上です。なんか総括してみると「私、ライブが好きなんだな」という感じがしました。あんまり自覚がなかったわ、意外だった。今年出たやつだとスカートとバンプの新譜もよく聴きました。あと今年まじでめっちゃSTANを聴いたね。ずっとかっこよくてびっくりする。
Spotifyで聴けないので入れてないやつとしては、KYGのソロアルバムもよく聴いてたな~。それから今年は石指拓朗に出会ってしまったので、これはもうめっちゃくちゃたくさん聴きました。新しいアルバムもうすぐだよ、超たのしみ、ライブで聴いて好きな「春と夏と秋と冬について」が収録されているようです、うれしい。「武蔵野」も好き。

来年も好きな音楽を好きなだけ聴いて、あれ良かった、好きな曲どれ、ライブいっしょ行こ、フジロック出ろ、来日公演東京だけかよ、とか言って生きたいね。よろしくお付き合いください。

山羊が憑いてる

2019年10月10日 (木) 21:36

音楽のはなし

アナログフィッシュのライブイベント「town meeting」に行ってきた。京都の紫明会館、てとこで、先週の土曜日。
「town meeting」は2011年ぐらいに始まった記憶があるけど、アコースティック編成でやる、というライブ企画で、不定期ではあるけど、ずっと続いている。

アナログフィッシュは神戸にはほぼ来てくれないので(呼んでないから来ないのかもしれない、私そろそろイベントとか企画したほうがいいのかな、ノウハウとコネクションが微塵もないけど、あと人望もない、あ、出来ないな、出来ません)、大阪・京都くらいまでだったらライブに行く。内容によっては東京でも行く。
来年はもう少し多く、関西圏に来られるようにするからね、と言っていたので、そのつもりで居る。確かに、もう少しライブ観たいんだよなぁ。出来れば2ヵ月に一回ぐらい、と思うけど欲張りですか。

「town meeting」は、意図的にそうしているのか、必然的にそうなってしまうのか、はたまたその両方なのかは分からないけど、”佐々木健太郎”を主軸としたライブになる。
健ちゃんが歌うのを聴いたことがあれば分かると思うけど、あんな、毎晩胸に抱いて眠る宝物みたいな歌声を持ってる人が、バンドの中にいたら、そらそうだろう、完全にそうなるだろう、というライブになる。あの人はギターもベースもピアノも楽器を全部封じられて身一つになったって、ひとりでステージに立ってエンターテイメントを成立させられる人だ。
今回のライブでは州ちゃんがポソッと言った「そんなふうに歌えたらなぁ~」の一言に、そこに居合わせた全人類が共感する、みたいな場面があり、「佐々木健太郎とは何者か」というのを全て集約している、と感じて、とても良かった。あんなふうに歌えたらなぁ。

そしてアナログフィッシュには下岡晃がいる、下岡晃がいるんですよ。健ちゃんがフロントマンで、そのバンドはもう、完全に成立してるでしょ、すさまじい完成度で、でもまだ下岡晃がいるの、すごい。
あ、でもこれ逆も全くおんなじ文章で説明できるけど。下岡晃がフロントマンで、そのバンドはもう、完全に成立してるでしょ、すさまじい完成度で、でもまだ健ちゃんがいるの、すごい。
そしてそのフロントマンふたりを両腕に抱えて”アナログフィッシュ”にしているのはふたりではなくて州ちゃんなんだよな。そういうバンドだと思う。ロマンチックだよなぁ。

下岡晃はここ10年ぐらいずっと、日本で一番いい歌詞を書き続けているミュージシャンだと思うんだけど、あまりの評価の追いつかなさにクラクラし、私はずっとブチギレている。どこか駅のホームの自販機の裏あたりに入口が存在し、そこを通じて行けば、下岡晃がワールドドームツアーをやってる世界がある、とかだったらどうしよう、私が知らないだけで。現世がそれにならないなら私もそこへ行きたい、もう二度と帰ってこない。

この日は久しぶりに「Light Bright」という曲をやって、あんまりいい曲だから、もうずっと泣きそうで、でもなんか泣いちゃだめ、と思って、口をぎゅっとしていたよ。別に泣いてもいいんだけど、普通に泣いてる日もあるし、でもなんかこの日は泣いちゃだめの日だった。泣いてる場合じゃない、ちゃんとしなきゃ、と思った。この場合の「ちゃんと」が何を指すのかは分からない、でもそんなんが分かるなら、私は音楽なんかなくたって生きていける。

下岡晃がいて、ずっと音楽をやっているという事実に、こんなに守られていると感じるの、私の勝手な意見なんだけど、でもそれ以上を求める気持ちは無いのでゆるしてほしい。ただずっと音楽をやっていてほしい。でもそれが当たり前ではないことはもう知ってて、それでもなお、と思う。

「守られている」というか、ずっと支えなんだよ。私のちまちませこせこした生活も、何一つままならない人生も、ずっと好きになれない容姿も、歪んでねじれた性格も、下岡晃の音楽を聴いているときだけは、あぁぜんぶこのままでいいのだ、と思える。まだおしまいじゃない、まだなんかある、違う視点の置き場所が、試してないやり方が、まだあるはず、このままいけばいい、だいじょうぶ、合ってる、と思える。深くお腹で息をして、背骨を元の位置に戻して、まだ、もうすこしがんばれる、と思える。

今年結成20周年なんだよアナログフィッシュ、超おめでとう。いつも大ありがとうございます。好きです。

ARCHIVE

NEW ENTRY