BLOG

カテゴリー:uncategorized

僕は今はいい

2019年4月19日 (金) 23:19

uncategorized

「シンパシー(共感)」と「ワンダー(驚異)」のバランスについて考えている。
結構長く考えているのに、全然答えが出ないので、出ないやつなんかな、と思っている。
答えが出ないやつはどうするかっていうと、自分なりの落としどころを見つけて、そこに入れておくしかない。
落としどころは答えではないので、その落としどころが「違うかも」と思ったら、また別の落としどころが無いか考える。

共感によって出来た友だちがいて、ってか友だちは大体それで出来ると思うけど、あぁ大好きだな~と思ったらその後は「細部の差異」を見つけてって、私はそれをおもしろがりたいのだけど、そうじゃない人ももちろんいて、そうなると「価値観がちがう」ということになってしまって、なんとなく疎遠になる。
私としては、細部の差異を見つけて、あぁ似てると思ったけど、こんなに違うところがあったね、でも認め合える、大好きだよ、これからも一緒にいようね、って言いたいんだけども、あんまり、この考えそのものに共感を得られない。
別に「なんでだよ!!!」みたいな気持ちはない。怒ってるとかじゃない。
まぁでもめんどくさいからかな、私が、その気持ちはわかるわ、私も私がめんどくさいっすよ。でも私は私であることをやめたくてもやめられない。

こういうことをぐるぐる考える時「細部の差異など見出すのは 実は野暮なことかもしれないのさ」という歌詞の歌を頭の中で再生し、「そうかもね」などと思う。
確かに、粋か野暮かで言ったら、まぁ野暮か。「かもしれない」にしておいてくれて、どうもありがとう。音楽にたくさん救ってもらった人生だったな。みなさんさようなら。

でも私たちは根本的に違う生き物じゃないですか。並んで桜を見て「きれいね」って言っても、本当は見えている色が違うし、たったいま吸った息に含まれるものも違うでしょう。
違う親から生まれて、違う土地の水を飲んで育って、毎日違うお布団で寝てきたでしょう。
それでもなお、今同じものを見て、きれいだと思う、その「共感」を素敵だな、愛おしいな、と思うでしょう。
その後よ、その後どうすんの、「共感」の後、「驚異」を愛す以外、どこへ向かうの。向かう先はどこなの。

もしできるなら「どこへも向かわない」生き方がやりたいけど、それが一番むずかしくない?
たとえば芸能人がよく分からんお店を始めたり、聞き馴染みのない資格を取ったりするときに「この人どこに向かってんのwwww」というような野次り方をする人がおるけど、あれ私、なんか妙に傷つくんだよな。私のことを言われてるんじゃないのに。
明確に死に向かっていく仕組みやんか全員、何にも向かわない生き方ができるなら、それがいいよ、身軽で、うらやましいよ。
でも出来ないんだよ。そう言うお前はどこに向かってんすか。死だけかよ。

あ、別に「高め合いたい」みたいな話じゃないよ、上下の話はしてない、私は上下の話には全般的に興味がない。「お互いに高め合う関係」とかの話はしてない、そういうんじゃない。それに興味がある人を否定する気持ちもない、でも私は興味ない。

そして考察はつづく。

あと、こないだTwitterにホイホイッと書いた感情について、なかひろに「何がどう幸せ?どんなふうに?」と聞かれていて、今は「自分が作ったものを人に食べてもらうことによって得られる幸せ」について考えている。
なかひろをサンドバッグにして感情を整理・分析・言語化している自覚があるけど「もういい、やめてくれ」と言われるまで続けたい。なかひろは「もういい」と思ったときにちゃんと「もういい」って言ってくれると思ってる。
あ、これが「信頼してる」ってやつかな。「甘えてる」と混同してたけど、「信頼してる」はこれかも。そうだといいな。

考えることは、穴を掘るのに似ている。記憶と仮定を左右の手に持って、穴を掘るような感じがする。
感情の話、一生できるなぁ。脳がんばれ、超がんばれ。

どうやってもその穴は

2019年4月13日 (土) 20:34

uncategorized

例えば休日とかをひとりで過ごすのに、すごく慣れている。
もう得意、と言ってしまってもいいと思う。経歴も長い。

私はひとりで入れない店が、行けない場所が、基本的にない。
服はひとりで買いに行くし、カラオケも映画もひとりで行ける、むしろひとりの方が良い時さえある。
お芝居もライブも落語もひとりで行けるし、フェスもひとりで行ける。行けた。
お茶をする類の店は全部ひとりで入れる。
1品注文して食べて帰る、みたいな飲食店も全部ひとりで入れる。
ラーメン屋も平気、定食系の店も余裕、蕎麦屋も行ける。
お酒飲む店はひとりでは行かないけど、おそらく行けないってことはない、多分焼き鳥屋とか行けると思う。
旅行も行ける、積極的にひとりで行きたいということはないけど、
日程調整とかお金とかのこと考えたら、ひとりの方が圧倒的に動きやすいし、身軽で良いわ、とか思う。

ひとりでやって、楽しかったことを、Twitterに書いて、いいのが撮れたらインスタに写真載せて、
ブログに書いたりして、たまに会う(すきな、気心の知れた)友人たちや家族に話して、
多分あと30~50年くらいこれを続けていって、というところまで想像して、おぉ~このまま楽しく生きられるな~みたいなことをぼんやりと考えていた。「孤独」を、受け入れていた。
受け入れていたけど、その気持ちにちょっと「諦め」が入ってんな、と思って、
自覚があるぞ、と思ってしまった。気づいてしまった。

嘘はない、ないけど、でも諦めがある。
「ひとりでいる」のは単に選択肢のひとつであるのに、
ただ「どうにかなる自分の気持ち」だけを操って「どうにもならない他人の気持ち」を排除して、居心地いい風にしてるだけなんじゃないの、と思ったら
あぁほんとだ、深く考えるのが面倒で、人と居るのを放棄しただけ、人に受け入れられないのが怖いだけやん、という穴にすこんと落ちてしまった。
私のは選んだんじゃなくて、かっこつけて選んだフリをしてるだけだ。

私が持ってるやつは、全然、試してもない、あがいてない孤独だ。手つかずでまっさらのやつ。
仲良くなったつもりで、上手くやれてるつもりでいたけど、欲しい孤独はこれじゃない、こんなピカピカ真っ白の、傷ひとつない孤独じゃなくて、
欲しいのはもっと、散々手をかけて、叩いて削って磨いて伸ばした、どうにかしようとした末の孤独よ、身を投げるようにして手に入れるやつ、それが欲しい。欲しくなった。

こういう穴、もう自分は落ちること無いと思ってたのに。しまった。甘かったな。
体の真ん中にある、密度の薄い空気がだけが漂う、あの穴ですよ。まだあったのか。
ちょっと懐かしいような感じもする。穴よ、お元気でしたか?

この穴で諦念とともに穏やかに暮らす、という選択肢もあるけど
私はこの穴を出ることにした。出られるかどうか、まだわからんのだけど、まぁやってみることにしたよ。

人生すげぇな~
やってもやっても終わらない。
ライフゴーズオンだわ~(アホ面)

ピンフ

2019年4月10日 (水) 22:59

uncategorized

(なかひろとマーくん以外)誰も読んでない、でおなじみの当ブログですが
気合い入れて書いた記事は「書いたよ」とTwitterで言うようにすると、結構読んでもらえて、
前回と前々回の記事は、なんかたくさん(体感)読んでいただいたようです。ありがとうございます。
私が自分で書いて自分で言ったからリツイートされてるわけなので、こんなことを言うのはずるいし憚られるけど、めっちゃくちゃ恥ずかしいな。恥ずかしいっつーか、照れるな。照れ死。
ちょっと夜に、書いてるから(飲酒はしてないけど、むしろしらふでこれを、っていう照れもある)さ、そういう”夜パワー”で加速する感じもあるし、照れる。長文すぎるのも相まって、熱量の怖さもあるし。
「夜ラブレター書くの良くない」っていうの、前に何かで見たけど、これのことか。完全にわかりました。
あと誰が誰に何を言ってんだエラソーに、みたいな気持ちもある。
まぁでもこんなん常にあるもんな、生きてて常にあるわ。今更か。知らん知らん。
STANに関しては、いつの話をしてんだ、という気持ちもある。
でも2019年だからこそしたい話だってある!
いつどこで誰が何の話をしてもいい時代!
それが2019年です。(言い切った)
いくらなんでも「めちゃくちゃかっこいい」と「めちゃくちゃ好き」を言い過ぎてる感じもある。
「かっこいい」以外の着地点がないまま書いてる。

でも常に本心しか書いてないので、読んでくれて嬉しい気持ちだってもちろんあるし、
誰にも読んでほしくないならサーバーに上げるっていう方法を採らないでしょうよ、と思うし、
これがアンビバレンス…!ってことでいいのかな。知らんけど。

というわけで、引き続き、誰も読まないでください。
気合い入れて書いたやつはTwitterで言います。それ以外は読むほどのことはないです。具体性のない話ばかりしていて、おもしろくありません。
それでも読む人は申告してください。意識します。
直近5年くらいに書いてるやつは感情が説明できますが、それより前になるともうほぼ別人格です。
別の奴が書いてる、ということにしてください。

先週末はお天気がよくて(3月末はすごい寒かったのにね)、
電車に乗って甥を愛でに弟の家に行ったり、
物件を見に行って買う気満々になったのに坂が急&長すぎて絶望したり、
穴子丼弁当をこさえて公園で食べたり、
古着屋で良い感じのワークジャケットを買ったり(もうあったかくなって着られないかもしれんが)
ZARAでワンピースを試着しまくって2着買ったり、した。
選挙も行きました。

選挙、権利を得てからは可能な限り行くようにしてるけど、合法的に小学校に入れてなつかしさを味わえる、以外のおもしろみが今んとこ皆無。今回も小学生が育てたチューリップがかわいい、しか得るものなかった。
(今の子たちが使ってる植木鉢、私が記憶してるのと全然ちがってたわ、なんか近未来の形してた、土が少なくて済むようになってんのかな?軽そうでいいと思った)
私が選挙に行くの、最終的に「見てるからな」を言うためだけが理由だ。
まぁ投票率見てる限り、全然意味ないかもしれんけど。
意味あるかどうかは今はまだわからん。はず。
意味ある未来が来い!

ARCHIVE