BLOG

カテゴリー:uncategorized

ちょっとずつでも年金はろときや

2018年6月18日 (月) 23:57

uncategorized

週末、意を決してドラマ「火花」の9話、10話を観たけど、案の定メッタ刺しにされて、
でも救いがあるというか、まだずっと続くというか、
終わりじゃない、そう簡単に終わらせてはくれないけど、
そのことに確かに絶望だけじゃなくて希望があるなぁ、と思える10話の最後だったので、
もちろん泣いたのは泣いたけど、
もう一回、1話から観たい、と思えました。
結果ブルーレイ買っといてよかった。
一時はどうなることかと思いましたが、やっぱり買ってよかった。
すごいドラマでした。”人生”やん。こんなん。人生やで。

舞台挨拶で「ぜひ10話まで一気に観てください!」と言っていたけど
ぜんぜん無理です。何かが枯渇します。
これ1~10話を一気に観れる人おるの?精神的に、行けます?
そりゃ肉体的には可能やと思うけど、精神的に、厳しない?
…私、主観性が強すぎるのかもしれん。

徳永が神谷を見る、その目つきは1話と10話で大分違っていて、
でもそのどちらにも尊敬とか愛情とかがあって、
この人たちの10年には絶対に意味があるのだ、と言い切りたい。
私の10年にだって、誰の10年にだって、同じく意味はあった。
絶対にそう。絶対にそう。

10話の冒頭らへんで、あの最後の舞台あたりでスパッと話が終わってたら、
”終わり”としてはもっと、”キレイ”やったかもしれんけど
そうしない、そうはできない泥臭さというか、
血がかよった人間がつくった、という表情があってかっこよかった。
…感動した。感動した!

しかしまぁ50分×10話を存分に活かしきった映像作品に仕上がっていて
これテレビじゃ絶対に無理やし、まず絶対にCMはさんで欲しくないから民放はあり得んし
映画はまだ見てないけどどうやってんのかな。どこ切ってどこ出すんか気になってる。
1話の熱海にまた2人が戻って、おんなじ階段が出てきたり
居酒屋で神谷さんが徳永の頭をガッとつかむシーンとか、
あれも1話のリフレインであるわけで(場所も座り位置もまったく一緒)、
そもそもあのインコのネタなんてこっちは1話からずっと観てきてて
(だから百合枝があのネタを覚えてしまってるのも当然理解できるし、だからこそ一緒に泣く)
劇中では10年が経ってて、徳永はずっとおんなじマグカップを使ってるし
山下はずっとおんなじ自転車に乗ってるし、
緒方さんがまだ若くてチャラくて加藤鷹の話ばっかしてる頃を知ってるからこそ
あの事務所の下の、階段のシーンで泣ける。

なんか音楽に近い作りになってる気がしてきたな。
同じモチーフを丁寧に扱う、繰り返す作り。

やっぱり丁寧に作ってるもんって分かるんやな、観てる人には。
丁寧にやろ、どうせ誰も分からんやんけ、とか思わずに、ちゃんと、いっこずつ丁寧にやろ。
あ、最後のは私の、私の仕事の話です。

本編を観終わったあと、特典に入ってた公開時の舞台挨拶を観ていたら
又吉が「たまたま僕が文章にしただけで、
漫才師じゃなくても、みんなにこういう時間があって、だから火花はみんなのもの」という旨の発言をしていて
またベッロベロに泣いた。
それを、他の誰でもない、あなたが言ってくれるんですね…という涙。
ありがとうございます。

つーかさっきナタリー読んでたら
ロケ地めぐりバスツアーとかやってたやん、行きたかった…もう2年も前やけど…
「犬ヶ島」のフィギュア付き前売券も、知った時にはとっくに販売終了してるし
最近こんなんばっかか。何やってんだ。
というわけで対策としてアプリ版ナタリーをダウンロードし、
もろもろの俳優・映画監督・バンド・劇団などを登録し、通知が来るようにした。
これでイケる。はず。
頼むぞナタリー!

夜は、息ができる

2018年6月14日 (木) 23:56

uncategorized

ドラマ「火花」がやばい。
昨日8話を観て、めちゃくちゃ泣いた。
もう、嗚咽。

6話まで観て、
これは何回も観るやつやから早めにブルーレイを買うべき!買うぞ!と思ったのに
いざブルーレイが届いて、7話、8話、と観たら
8話の終盤でもう息ができんぐらい泣いた。
久しぶりに、鼻から鉄のにおいがした。

あと9話、10話と残ってるけど不安しかない。私、吐いちゃうんじゃないの…血とかを…
平日に観ると生活に支障をきたすので、もう観ないことにする。週末観るわ。
今週末何にも用事ないし。なくてよかった。

大体、半年前くらいに原作を読んでるわけやから
どういう結末になるかは分かった上で観てるはずやのに
この受け止められなさはなんなのか。どうなってんだ。
HiGH&LOWの、みんなの「琥珀さぁん!」並に
「どうしちまったんだよ神谷さぁん!!!」ってなってる。
でも誰よりも神谷さん自身が、自分のこと分かんなくてつらいよなぁ。
徳永のつらさと、神谷さんのつらさと、両方が憑依したように染みこんでしまったので
泣いてるのは私なのに、誰の涙が出てるのかだんだん分かんなくなった。
私は漫才師じゃない。

まだ真樹が居て、3人であの上石神井の家で、
おこたに入って鬼まんま食べてたあの日々が懐かしい。
(自分も居たみたいに言うけど)
(つーかなに鬼まんまって、雑炊とはちゃうんか)

理想と現実はなぜこうも折り合いが悪く、
人生には終わりがないのだろう。
明け方のコンビニにブラブラ歩いていくときの、漫画喫茶から出るときの、
始発を待つマクドナルドに居るときの、
あの不思議と満たされた、ぼんやりとした気持ちのまま、あの何かの”前夜”みたいな気持ちのまま、
何もかもが終わっていてくれたらどんなに、
あぁ、思えば遠くまで来たもんだ。

夜ベランダに出ると、
うちは2階なのに高台に建っているせいで駅のほうまでずーっと見下ろすことができて、
水の底を見ているような気持ちになった。
遠くには小さく橋と海が見えて、
まだ22時過ぎというのに人はひとりもいなかった。
夜は、息ができる。

ただいま

2018年6月4日 (月) 23:05

uncategorized

「おっさんずラブ」が終わってしまった。
すごい詰め込み方の最終回だった(やっぱ7話は短いよ)ので観てるこっちの感情の起伏が激しいのと、
現場の人も大変でしたでしょうね、という気持ちと、終っちゃったな―…という気持ちと、いろいろある。
またおっさんずラブの話してんのかよ、と思われるかもしれないけど、
べつにいいです。どうせ誰も読んでねぇよ。

武川さんの報われない恋はどうすんだとか、ちずちゃんの相手はそれで合ってんのかとか、部長がかわいそうすぎる馬鹿はるたんのせいで、とか
まぁもろもろ言いたいことはあるけれど、牧くんが幸せならもうそれでいいや、と思っている。
よかったね牧くん。よかったよ。生涯誰よりも愛されろよ。つらいときつらいってちゃんと言いなよ。

それにしても、告白するときも一回フラれたときも、めちゃくちゃ感情的になっていた部長が、
結婚式当日にあんなことになったのに、ものすごく冷静でいてくれたことに驚いてるし感動してる。
きっとこうなることを予測して、何度も考えて、
でも諦められないと思って泣いたり、はるたんのことを思いやって泣いたり、
そうして迎えた日だったんだろうと思う。
だからこそ、感情的にならず、はるたんを責めたりせず、
あんなにも力強く背中を押してくれたんだろうと思う。
なんて潔くてあたたかいヒロインなんだ部長…そこらの若造にはできないその対応は…かっこよかった…

春田に関してはなぜこんなにも憎めないのか、ちょっともう私には言語化できない。
だって
・自分の生活を心配してきてくれた部長の好意を知りながら同棲(2番目の男でいい、とまで言われている)
・フラッシュモブでプロポーズされて(確かに断りづらい状況だったとは思うけど結果として)受けた
・部長のこと好きか武川さんに聞かれて、好きですよって答えた(部長も聞いてた)
・披露宴の準備を一緒にして、自らウェルカムボードも作った
・結婚式当日「誓います」って言った(えっ誓うんかい!と思った)
・「誓いのキスを」って言われてようやく自分の気持ちに気づく
・部長に背中を押されて式場を出発、同日牧くんにプロポーズ
っていう流れやねん。

いや、このあらすじだけ追ってみてよ、普通にこいつひどくないか。何こいつ。嫌いです。
鈍感とかいうレベルで片付けていいのかよ。
映画「モテキ」で藤くんがるみこさんにしたひどい仕打ちのシーンを思い出したわ…
あれ結構堪えたというか、まじかよ主人公どう挽回すんのこっから…と思わんかった?
あれに関しては結局挽回はしなかった、というか泥につっこんでミラーボールと共にぐるぐる回されて
最後はN’夙川BOYSがかっさらった、という解釈。挽回はしてない、と私は思う。

ちなみに私は「モテキ」好きなので全然ディスってるつもりはない。
2009~2011年くらいまでのあの感じ、Twitterの、ナタリーの、あの感じを
あんなにもきっちり映像に残してくれたの、今もうれしいと思ってる。

話戻るけど、春田は本当に「俺が牧にフラれた」と思っていたんだし
本当に「誓いのキスを」って言われるあの時まで自分の気持ちには気付けなかったんだし
部長に本当に悪いことをしたと思っての、あの涙の「ごめんなさい」だったのだし
、という全てが田中圭の仕事によって補填されていたので、
あれだけやらかしても、「ごめんなさい」でとりあえず許せたのではないか、と思う。
「そういうとこやぞ春田!」レベルの怒りで収まったのではないか(私が)。

結果、牧くんが幸せならもうそれでいいやモードに突入し
全面降伏、全戦争が終結、満員御礼!完売!ブラボー!Blu-ray発注!というような気持ちしか残らなかった。
単に牧くんが愛おしすぎて頭がおかしくなっただけかもしれないけど。
でもこの最終回にたどり着くまでに、春田のことをよく思えない部分が少しでもあったら
「牧くんよかったね」を「春田なんなんかよ」を上回ってしまった気がする。
田中圭ありがとう、で締めくくろう。田中圭ありがとう。

いわゆる「ロス」的なやつに私もなるのでは!ついに!と思ってたけど
特にそういうのは無いな。無かった。
それよりも今は林遣都くんの出演作を観るのに忙しくて毎日めちゃくちゃ楽しい。
この、「ラジオで聞いたバンドがめっちゃよくて、調べたら既に3枚もアルバムが出ててあわててタワレコに行くとき」の感じ、
「やばい忙しい時間全然ないお金が足りない」というこの感じ、
このワクワク感、新大陸上陸感、Open the door感、Welcome to the new world感、
向こうがバンドでも役者でも芸人でも画家でも漫画家でも作家でも落語家でもやることは全部おんなじで
私も15歳ぐらいからやってること何にも変わらないな、と思う。

昨日からドラマ「火花」を観はじめて、これがむちゃくちゃ良いのでうれしい。
「売れた小説をドラマにして何がおもしろいんかよ安直が」としか思ってなかったの、謝罪したい。
ごめんなさい。
なんかTSUTAYAで借りたらDVDしかなくて、画質があんまよくないから、もうBlu-ray買おうかな、と思ってるぐらい良い。
つーか白石和彌も沖田修一(最愛の映画監督)も演出してるやん、言ってよ…言ってた…?

OKAMOTO’Sの主題歌もむちゃくちゃ良い。
OKAMOTO’Sって正直ちゃんと聴いたことなくてごめんけど、
フェスとかで観るの楽しいしすごくかっこいいよね。
この主題歌がまじで超良い。かっこいい。
「お父さんのことを思って書いた曲」とのこと、そのタイトルが「Brother」、うおお、グッとくるぜ…

小林薫(好き)が原作にはいない(いなかったよね?)喫茶店のマスター役で出てて、じんわりと良いし
1話の終盤のシーンの数々に心臓をワシ掴みにされている。あそこで流れる斉藤和義しかり。銭湯のシーンも。
あの銭湯はロケ地どこなんでしょうか。あのタイルの、壁に富士山があって、あの銭湯いいなぁ。
高橋メアリージュン(好き)と3人で居るシーンの空気感(としか言いようがない)も良い。
門脇麦ちゃん(好き)と3人で居るシーンも良かったなぁ。
布団ごと回転させられるあのシーンも、大晦日のシーンも。
私もあそこに居たんじゃないか、と錯覚するぐらい。ああやって公園に、居ましたよね、居ましたよ。私たち。

「夜は、息ができる」というあれ、あれも、めちゃくちゃグッときた。
家にいるのにただ居るだけのことがどうしても出来ない、所在なさを持て余して
環七をただ歩いていたあの日の私を、私はまだ救えるのかもしれない。

あと原作でも異様に感じた井の頭公園での、太鼓のお兄さんのシーンを映像で観れたの、良かったと思う。
あれ映像でもやっぱり異様で、又吉直樹という人に感じる、ふとしたときに感じる異様さに似てると思った。

林遣都くんは言わずもがな、素敵な仕事をしていて、ただ立っているだけで「徳永太歩」にしか見えない。
歩き方、肩の下がり方、首の傾き方、目線の動かし方、階段をのぼるときのあの、なんつーんだあの動き、とかとか全部、「林遣都が演技をしています」の匂いがしない。
この人、こんなふうに「違う人の人生にまるごと全身で潜る」みたいなやり方をしてて日常生活に支障が出ないのかよ。
上手に役作りをしています、っていうレベルじゃなくない…?
大丈夫?家帰って寝られてる?玄関でぶっ倒れたりしてない?
いや余計なお世話かもしれん。あの、頑張ってください。
良い役者さんだな、と心底思って、応援したいな、と思っております。
頑張ってください。

ここ最近ブログがまじで全部クソ長すぎるけど
私は2~3日ずっとノートにああでもないこうでもない、どう思う何に苛立つ、といった、誰にも見せないもはや日記ですらない文章を延々書き続けていた「妖怪・長文」であるし、私が借りて金払ってるサーバーに私が自分で設置したWordPressにどれだけの長文を書き散らかそうが私の自由である。自由はいいなあ。

その妖怪ノートは5冊くらいあったのだけど、こないだ引越すときに全部捨てた。
今読み返してみるとまぁ、10ページに1文くらいは「おや、なんか妙なことを言うてるぞこいつ」というのがあるにはあるものの、
それ以外は総じて駄文というか、基本的に凡庸というか、とことん陰鬱というか、あはは、
でもこれをノートにでも吐き出さずには息をしていられなかった、今よりも年若い自分自身の
不甲斐なさや惨めさを目の当たりにするだけの代物でしかなく、
かと言って時空を超えて慰めてあげられない29歳の私は、
せめてこの呪詛ノートを燃えるごみの日に出してあげるくらいしかできないぜ、ひと思いに、という気持ちであった。

捨てるとすっきりした、とも、その程度では別に何も変わらない、とも思う。心は球体になっているのだ。
私は君に、18歳の、20歳の、22歳の私自身に、「その自意識とは、生涯の付き合いになるからもう諦めろ」としか言えない。
あとその「ぼっかりと空いたネガティブと孤独の穴」を逃げずに見つめていれば、いつか何か答えが見つかるはず、ちゃんと名前が付く日が来るはず、と思ってるとこ悪いけど、
その穴は10年経ってもぼっかり空いたままただの穴で、それ以上でもそれ以下でもないよ。
この穴を埋めなきゃいかん、この穴を埋めるだけの何かが、この形にぴったりとはまる何かがあるはず、それを見つけることが人生なのでは、と思い詰めてるとこ悪いけど、その穴を穴のまま置いて、置いたまま生きる方法だってあるよ。

長文の何がよくないかって、勝手にエモくなっていくことなんじゃないでしょうか。
それとも夜だからでしょうか。
夜ラブレターを書いてはいけない、っていうのありましたよね。
ラブレター書いたことないな。あったっけ。どうかな。
単にエモ癖があるだけかもしれん。私はエモ癖がある。
あと「感」とか「ぽさ」とか「的」とか言いがち。
消しません。うるせぇ。

ARCHIVE