TANAKA NOZOMI

BLOG

カテゴリー:uncategorized

厚み

2021年11月25日 (木) 21:43

uncategorized

愛しのキム・ナムジュンが「明日グラミーのノミネートだよ、一緒に見ようね」と言うので、私は祝日だというのに酒も飲まずに20時半ごろ布団に入り、深夜2時に起きるための目覚ましをかけた。ロスは朝の9時らしい。時差よ。

グラミー賞がどういう仕組みなのか、そもそも誰が選んだり決めたりしているのか、当事者がどれほど名誉に感じるものなのか、正直なところ私は何も知らないし分からないのだが、それでもあなたたちが「欲しい」と言うなら「じゃああげてよ」と思うし、「一緒に見ようね」と言われれば深夜2時にモソモソ起きてYoutubeのリアルタイム配信を見るよ。あなたたちが、好きだからです。

賞レースについて、何か思うことを書こうと思ったけど、けっこう難しいな。「どうでもいい」もわりと本音だし、でも自分の気持ちや感情とはまたどこか別の部分で「金賞がほしい、勝ちたい」を夏も冬もやり続けた6年間を私も持っているから、いや、まぁ規模が全く違うので比較にならないけど、でもだから、「欲しい」も分かる。もらったからどうってことでもないし、もらえなかったからどうってことでもないんだよな、そこはそんなに本質的ではなくて、でも「欲しい」の、分かるよ。

初めて見るグラミーのノミネート発表はなんだか機械的で、淡々としていて、思ったより事務作業っぽさがあった。祭典という感じではないし、かと言って厳かな感じもしない。これを毎年やってる?のね?
BTSが関係してなかったら見ることなかったなぁ。国連の総会とかもさ、今まで知らなかったこと、機会がなかったこと、見ようと思わなかったものを、この半年、たくさん見せてくれたね。ありがとうね。おかげさまで毎日楽しいです。

ふいに「まずは何かの賞を取って、売れて、有名になることが一番重要だ、売れればそれが正義になるんだから」と言う人に、さんざん反論した夜のことを、思い出した。私は「無冠だろうが、無名だろうが、自分がやりたいことだけを追求すべきだ、商業的成功なんか知ったこっちゃない、何かの賞?そんなものの威を借りようとする行為自体がダサい」というようなことをまくし立て、話はずっと平行線だった。

あの頃の私は、彼がそう遠くない将来、きっと何者かになれる人だと信じていて、もしかしたら彼以上に深くそれを信じていた。しかも、私だけじゃない、より大勢の人がそのことに気づくだろう、まもなく、と思っていたし、だから「何かの賞ってなんやねん、ダサいこと言うな、お前の好きなロートレックも無冠やん」と本気で思っていた。
「私が好いている」という事実は、あなたを満たすには足りなかっただろう。無理もないな、だって、あなただけでなく、私も何者でもなかったし、今もずっと、何者でもないままだからだ。
あなたは何者かになれましたか。何者にもなれなくても、毎日楽しく暮らしてるといいな、好きなものがあって、おいしいもの食べて、よく寝て、健康だといいな。

……いや嘘、ウソウソ、私は本当は、あなたの健康や幸せなんか、クソどうだっていいの、知ーらん知らん、わはは、だってもう済んだことだから。済んだ日々のことはもういいの。

翌朝起きたら、愛しのキム・ナムジュンがサカナクションの「忘れられないの」を再生している画面キャプチャをweverseにアップしており、萌えのあまり卒倒しそうになった。たまにこういうことをされると、距離感が掴めなくなる。
この萌えの主成分が何なのかは自分でも分からないが、どうにか言語化すると、お慕いしている「誠実さとやさしさとセンスと聡明さと胸板」のおナムが、一方で「サカナクションを聴いている27歳の男の子」でもあるのだ、という“ギャップ萌え”のようなものだと思う。うおぉ~!萌える!ぎゃー!
おナム、「エイリアンズ」をプレイリストに入れてたから、サカナクションにたどり着いててもなんら不思議ではないが、もしかしてスピッツも好きじゃないかな、90年代後期あたりのスピッツが好きそうだなと思う、どうですか。よかったら聴いてみてください。

なんだろうこの絶対に届かない私信。いや、いつものことか。

song of the year

2021年11月24日 (水) 22:35

uncategorized

鋼鉄の武器商人が「これをやるから持ってろ、時が来たらこれで戦え」と言って私に2つの武器をくれたので、ありがたく受け取り、なくさないようにポケットにしまい込んだ。ただ、武器そのものが強すぎるように思う。私が扱うには、武器が強すぎるのだ。一発使うだけで、腕とかが取れるかもしれない。腕が取れるのは怖ろしいので、使う日が来ないことを祈っている。

武器商人は「相手はゾンビだぞ、治そうとするな、何回でも来るし、何人でも来るぞ、人数も増える、治そうとするな、ためらいなく殺せ」とも言った。言っていることは本当によく分かるし、私も実感がある、でも“ためらいなく殺せ”たことは一度もないように思う。私は「物陰に隠れて息をひそめ、通りすぎるのを待つ」ぐらいが関の山で、ひと思いにグサリ、もしくはズドン、が出来ない。いつまでもズルズル、ぐるぐるしている。そしてそれは、結局誰も救わない。相手も救えない。私自身も徐々に疲弊し、「情緒が安定している」ことだけが取り柄なのに心を乱し、比例して部屋が荒れる。そうしていつも、誰も、何も、救えない。

でも“ひと思いにグサリ、もしくはズドン”の素質が、私にはある、あるはずだと思う。が、見て見ぬふりをして、そのスキルを得てこなかった。そろそろ思い切りのよさ、踏ん切りのよさ、見切りのよさ、などを得たい。それが必要だと感じるシーンも増えてきたしなぁ。来年の目標にしようと思います。今年はもうやらない、今年はもう、あといくつか残してあるものを片付けたり納めたりしていたら終わるはずだからだ。だってもうあと1ヶ月半もないんだよ。今年もあっという間だったねぇ。

さて、私の来年はどんな感じですか、の占いをニシーさんにやってほしいな、とここ1ヶ月ぐらい思い続けている。でも、もしかしたら年末は同じような考えの人がいっぱい居て、ニシーさんは忙しいのかもしれないな。どうなんだろう。とかをさっさと本人に連絡して聞けばいいのだが、差し迫って相談したいことや悩んでいることがあるわけではないので、どんどん先延ばしになっている。美容院に似ている。
私は美容院に電話して予約して約束の日時に行く、というだけのことがめちゃくちゃ億劫で、ショートカットなのに半年ぐらいほったらかしにしたり、ひどいときは自分で切ったりしているような妖怪ズボラ人間なのだ。行けばサッパリして気持ちいいし、10年以上切ってくれている美容師さんなので気も楽なんだが…
美容院については行ったときに次の予約を取る、という方法で解決できたけど、占いはそうはいかないね……ニシーさん半年後の予約とか取ってくれなさそう。よし、今月中には連絡をするぞ、よし。

GIRLS

2021年11月16日 (火) 22:27

uncategorized

「私、最近女の子無理になってきた」と電話(正確にはLINE通話)で言われ、大いにウケてしまった。ニュアンスは分かる、分かるけども、なんやろう、「女の子無理」って字面がおもろいな。せやし、あんたも私も女やんか、でも「女の子無理」やねんな?わかったわかった。わはは。

いや、ここで彼女が言う「女の子」とは、性別の話ではない。どちらかというと性格や性質の話だ。
「女の子」は同じ話を何度もする、その話は愚痴である。愚痴はあくまで愚痴であり、相談ではない。本人も「どうしたいか」が分かっていないようだし、もしかしたら「どうにもしたくない」可能性もある。ひとたび「じゃあこうしてみたら?」などと口にすると、すぐさま「でもさぁ~」「わかるけど~」の接続詞で遮り、また同じ話をする。その同じ話は愚痴である。

私だって、身に覚えがないとは言い切れない。思い通りになったことのない恋愛の話、辞める気はないけど文句だけは山盛りある会社の話、それらを持ち寄って膝を突き合わせ、延々同じ話をしていた。私も女の子だった。

今はどうだ。今の私がする恋愛の話は、経過報告と感情の整理と言語化の訓練のようで、聞いてくれる友人たちはみな一様に、それらを受け止めてくれる。「わかるよ」「がんばったね」「いいね」とだけ言い、私を否定することはない。なんなら、私自身を否定する私を咎めたりもする。あなたたちは本当に、いつだって私の味方なんだな、と思い、あぁ友だちってそういうものだったよな、と思う。

今の仕事に文句はない。いや、そりゃあゼロではないが、ただもう文句だけを言ってられるような立場ではないと感じている。文句があるなら改善をするし、改善するために何かやることがあるなら、それすらも私の仕事だと思う。そう出来ているとはまだ、思えないけど。

彼女は「私、最近女の子無理になってきた」と言った。「無理やねん、ずっとおんなじ、ぜんぜん楽しくない話ばっかして、幸せそうじゃないのに、みんな解決する気はないねん」と言った。「それ“女の子”って総称すんのあかんやろ、めちゃくちゃ偏見やん」と頭の片隅で考えながら、私は笑った。私も女の子だったし、彼女にもきっと、女の子だった時があったんだよな。

私たちが女の子じゃなくなるのは、いつのことなんだろう。年齢とは関係なさそうだ。「女の子だったことなんて一度もないよ」、という人もいるかもしれない。繰り返すが、ここで言う「女の子」は性別のことではない。

彼女の友人であるその「女の子」たちは、みな仕事や家庭や配偶者や恋人に対する不満があり、繰り返し口にする愚痴があり、ただしそれを解決する気はないのだそうだ。愚痴は聞く人がいてこそ成立するので、彼女はその相手として選ばれ続けているのだろう、とても不憫だが。

彼女を不憫に思うとともに、まだ「女の子」でいられる、いや、もしかしたら生涯ずっと「女の子」でいられるその人たちのことを、私は少し羨ましくも思う。だってあれはあれで、まぁ楽しいでしょう、そして、あれにずっと付き合ってくれる友人がいることは、とても幸福なことでしょう。

とはいえ、私は彼女の友人であって、その「女の子」たちのことは一切知らない。彼女が「私、最近女の子無理になってきた」と言い、ストレスだ、つらい、と言うのを見過ごせない。私は「もうそんな電話出んのやめとき、放っときよ」と言って、見ず知らずの「女の子」たちを捨て置いた。ごめんよ、女の子たち。

ARCHIVE

NEW ENTRY