TANAKA NOZOMI

BLOG

カテゴリー:uncategorized

Good Morning America

2023年2月1日 (水) 20:17

uncategorized

挨拶について考える。「大豆田とわ子と三人の元夫」を観たせいだ。劇中、岡田将生さん演じる中村慎森は「挨拶って要ります?」と発言し、雑談やお土産、花束、など私が社会に身を置き、なるべく円滑に、かつご機嫌に、周囲の人たちとコミュニケーションを取れるように実践しているアレコレについて、揚げ足を取ってくる。とはいえ慎森に「揚げ足を取っている」という自覚は全然ないし、屁理屈を言っているつもりもない。
「挨拶は大事って言う人、挨拶って漢字で書けるのかな」と言うシーンでは毎回、指で手のひらに「挨拶」と書いてしまう。か、書けるぞ、挨拶、書けたわ、よかった。あの漢字両方ほかのとこで使わんよなぁ。

挨拶も雑談もお土産も、まぁ心底本音で必ず必要!と思っているか、と問われたら私はちょっと自信がない。正直めんどくさいと思っている時だってあるもん、雑談とお土産は特に。好きな人とする雑談は楽しいし、好きな人に渡そうと思って選ぶお土産は楽しいけど、時間の隙間を埋めるためだけの雑談は疲れるし、個包装で・あんまり高すぎなくて・持って帰るのに重くなくて、と消去法で選ぶお土産には愛などないからだ。
挨拶は雑談とお土産に比べると圧倒的に時間を取らないので負担に感じることは特に無いけど、そのぶん相手に無視されると小さな嫌悪感や不信感、不快感が溜まる。大きな感情ではないが、確実に溜まっている感じがする。ただの挨拶なのに。めんどくさいね。慎森の言う通り、全部要らないのかもしれない。

「また明日ね」という挨拶は大人になると使わなくなった。今日会って、明日も会う、なんてことがほとんどないからだ。会社の人には明日も会うのに、誰も「また明日」とは言わない。

「さようなら」も長いこと言っていない。お別れの挨拶に「バイバイ」や「またね」は言うけど、「さようなら」はもう誰に対しても言っていないと思う。先生や先輩に別れ際言うのは「さようなら」だったけど、今は上司に「さようなら」とは言わない。別れ際は「お先に失礼します」「お疲れ様でした」だし、取引先のお客さんにだって「さようなら」とは言わない。「ありがとうございました」「失礼いたします」ぐらい。「さようなら」ってもう一生使わないのかもしれん。

この文章に、結論などはない。何も論じていないので当然のことだが。

우리 모두

2023年1月31日 (火) 20:41

uncategorized

金曜日、新しいSNSを始める。かわいい。アバターの服を着替えさせたり、部屋に家具を置いたり、友だちと座り込んでビールを飲めたりする。かわいい。
基本的にはメッセージのやり取りが出来たり、部屋に来た友だちの足跡が付いたり、部屋にメモを残せたり、みたいな、よくある機能が多いけど、SNS上で呼びかけられたら写真で返事をする、という仕様になっている部分があって、ここがおもしろいな、と思う。ここでは撮ってあった写真を使えないので、返事をしたければ「今その場でなんかを撮る」必要があるのだ。見栄えの良いものを撮れる可能性がかなり低いし、これを見る人はたったひとり、というところも良い。全く知らない人に絡みに行くことは出来ないっぽいので、治安悪くなる可能性も低いし。
私は「もう寝る」とか「今日休み」とか「これ食べた」とか「今これ聴いてる」とか、そういう日常のこまごましたなんの特別感もない出来事を人から共有されるのが好きなタイプなのだ。

土曜日、パジャマのまま過ごす。晴れたので洗濯をし、溜まっていたSpotifyのポッドキャスト番組「1983年のバームクーヘン」を聞く。中井と小野と萩野の歌舞伎で一生笑っている。
せめて着替えるか?と思うが、どうせ家から出ないんだからまぁいっか、と思い直す。私の生活を「ていねいな暮らし」呼ばわりする友人たち(※イジられてる)、そんなものは幻想です。
映画を2本観て、鶏としいたけとしめじとかまぼこで炊き込みごはんを作り、炊けた先から飲むように2杯食べた。結局自分で作ったメシがこの世でいちばんうまい。

日曜日、マンションの総会に行く。時間を勘違いしていて30分も遅刻した。誰にも何も言われないが、気まずい。すみません。滞りなく完了。2年続いた理事会役員生活がやっと終わったが、今年は大規模修繕があるので修繕委員として残る形になった。ふ、不本意……ではあるが、正直経緯が分からない人たちに丸投げして去ることはリスクでもあるので、ここは潔くすっぱり諦める。
帰宅して洗濯、先週は雪も降ったし(積もったし)洗濯物が溜まっている。ニットをもりもり洗って干した。
バスで出かける。喪服を買いに行くためだ。いい歳だし、もうすぐ祖父の法事があるしで、きちんと喪服を買うべき、と思う。6着ぐらい試着したが、サイズが合うものと、似合うものと、気に入るものと、のバランスがまったく噛み合わず、あえなく撤退。「喪服なんかどれもそんな変わらんっしょ、ぜんぶおんなじ色やし」と思っていたが、甘かった。リボンやフリルの加減ひとつで妙に子どもっぽくなったりする。おなかのまんなかあたりにデカいリボンが付いているやつは着るまでもなく似合わないのでやめておいた。年齢もあるけど、単純に「キャラクター」に合わない、という感じがする。不必要に古くさく見えるのも困る、急に20歳ぐらい老けて見えるし……正解が分からん。お店のおじさんがサイズや丈感を一緒に見てくれてありがたかったが、結局何も買わなかったので申し訳なかった。ま、しゃあないけど。
男ならブラックスーツを1着仕立てておけばそれで冠婚葬祭がぜんぶ済むはずなのに…なんなの……いや、こんなことを言っていても仕方ない。ネットでも探してみることにして、あとは散歩して、おやつを買って帰ることにする。
和菓子屋さんを通りかかると苺大福の張り紙が出ている。い、苺大福…そうか、もうそんな時期か…!目についた和菓子屋さんで次々に苺大福を買ったら3つも買ってしまった。個人的には苺大福の苺にはあまりこだわらなくて良いと思う。高くておいしい苺は、そのまま食べたほうがおいしいと思う。苺大福は大福部分が主演であり、苺は客演だから、大福に身を預ける気持ちで苺には参加してほしい。真顔で書いています。
ハーバーランドまで歩いて、スーパーに寄ってから自転車で帰宅。友だちが誕生日にくれたお茶をいれて、苺大福を食べた。お茶ってなんぼあってもうれしい。
夜はなんとなく「大豆田とわ子と三人の元夫」を観返した。かごめちゃんを見ていると寂しくて泣いてしまう。かごめちゃんがもういない、ということが寂しい。私の友だちじゃないのに、私も友だちみたいな気持ちになるのだ。この気持ちの名前は「感情移入」でいいんだろうか。ちょっと違う気もする。

週末は爆速で過ぎる。1月終わっちゃったね。

all thumbs

2023年1月26日 (木) 20:56

uncategorized

ヨウリーが「行けたら午前中はリ・ウファンの回顧展に行く」と言うので、私も一緒に行くことにした。美術館に行くのは圧倒的に午前中が良いが、これはつまり「早起きしてきちんと用意して出かけないといけない」ということなので、自分ひとりだけで達成するのは地味に難しい。「いっか別に今日はもう…」と思いがちだからだ。

私は仕事に行くのと同じ時間にかけた目覚ましできちんと起きて、洗濯をしてから自転車で出かけた。海を右側に見ながら自転車で走っていると、遠足か何かで列になって歩いている小学生の列に遭遇した。信号待ちの間、男の子がひとり「おはようございまーす」と私に向かって言うので「おはようございます」と返事をしたら、列の後ろの子たちが次々に「おはようございます!」と続け、結果数十人の小学生たちに延々挨拶をすることになってしまって大変だった。ふざけているのかと思ったが、誰ひとり笑っていなかったし、少し会釈をする丁寧な子もいて動揺した。大の大人が挨拶されたぐらいで動揺しているのも変な話だ。
海側に下りすぎるルートにしてしまい通常より時間がかかったが、約束の力は偉大なもので、私もヨウリーも開館とほぼ同時に入場することが出来た。

リ・ウファン展はすごく良かった。作品のサイズは大きくなればなるほどどこかに隙が生まれ、緊迫感は薄まるものだと思うのだが、リ・ウファンの作品は全く逆で、場や観客も飲み込むほどの大きなうねりがあり、その場に居られることそのものが幸福だった。グルーヴがある、としか言いようがないので感想を言うのが難しいが、とにかく居心地が良かった。何をどのように鑑賞しても「関係」について考えることになるので感覚的に気分が落ち着く場所を探したり、視覚的に収まりの良い場所へ自分で自分を動かそうとする気持ちになったりするのも楽しかった。

写真を撮っても良いことになっていたので展示室を歩くヨウリーと作品とを一緒に写真に収め、キム・ナムジュン(※BTSのRMさんのこと、彼は美術に大変造詣が深く、しょっちゅう美術館に行き、同行者が撮影したらしい彼自身の写真をインスタで見せてくれる)気分を味わい、さらに無料で提供されていた音声ガイドも一緒に楽しんだ。
私は写真を撮っていいことになっている展示会が心底嫌いだが、この日は音声ガイドを聞くためにイヤフォンをしていたので他人のシャッター音があまり気にならなかったし、ヨウリーと一緒だったこともあって楽しめた。今後写真を撮っていいことになっている展示会に行くときはイヤフォンで何か音楽を聴くとかしてしのごうと思う。……でもシーンとした中に靴音と息遣いだけがあるような空間で観たい作品もあるよ、結局どうすればいいの。うわーん。

近年のキャンバスに描かれた作品は、キャンバスの側面に「L.UFan ’22 ↑」とサインがあってかわいかった。この「↑」はおそらく「こっちが上です」の意だ。
上下を逆にかけられて75年間そのままだった、モンドリアンの作品のことを思い出す。モネも逆さまに展示されてた作品があった気がする。

午後は姉(友人)も合流し、ヨウリーと3人でひょうたんへ行き、餃子とビールで乾杯した。姉と顔を合わせるのは去年の夏以来だ。元気そうでよかった。2年前の夏まではお互いに知り合っていなかったし、知り合った直後はしばらく距離感の詰め方が分からずに、私は敬語とタメ口の間をフワフワしているLINEを送っていたというのに、もう家に遊びに来てくれるような距離感になっている。なんかすごいな。人と仲良くなるのが上手な人なんだろうと思う。

地元に友だちが来てくれるのは楽しい。私は神戸で生まれて育ったが、一度出て、戻ってからのほうがより土地への愛着が湧いた気がする。遊びに来てくれた人が気に入ってくれると嬉しいし、おいしいものを食べて良い体験をして良い思いをしてほしいし、良さが分かってもらえるように一生懸命プレゼンしたいような気持ちになる。

餃子を食べたあとは3人でケーキを買って家に帰り、お茶を入れ、推しの写真集を眺めて過ごし、夕方からは姉に絞りだしクッキーを習った。クッキーは、というかすべての焼菓子は、温度にきちんと気を配る必要があることを改めて学んだし、同じレシピを繰り返し作ってオーブンの癖を把握し、自分の手で感覚を覚えるしかないのだな、と思った。なにごとにも楽勝裏ワザみたいなものは無いのだ、当たり前のことだけど。
とはいえ「絞り袋を使う時は口金に袋部分を詰めておくと生地を入れた先からこぼれ出ない」という裏ワザを教えてもらって嬉しかった。シュークリーム作るとき、これなんとかならんのかい!と思ってたから……案外単純な事ではあるけど、でもどの本にも載ってなかったよ。

私の手が温かすぎて全ての料理が向いていない話をしたら、姉は「パンは良いんじゃない?パンは手が温かい人のほうが向いてるよ」と言っていた。そうなのか……パンやってみるか……
が、バターを折り込んでいく工程があるクロワッサンやデニッシュ系のパンは向いていないと思う。確信がある。

ARCHIVE

NEW ENTRY