TANAKA NOZOMI

BLOG

カテゴリー:uncategorized

being alive

2021年2月25日 (木) 21:47

uncategorized

「花束みたいな恋」について考えている。映画は見ていない。ただ「花束みたいな恋」について、考えている。私がしてきた恋と、それが「花束みたいな恋」かどうか、を考えている。

「花束みたいな恋」が映画でどのように定義されているのかはわからんが(見てないから)、私が想像するに、それは美しく、良いにおいのする思い出や記憶の数々を花のようだと感じ、それらを束ねたらまるで花束だった、あの恋は花束みたいだった、というようなことだと思う。すてきですね。ま、これまでの私には「花束みたいな恋」は皆無、という感じ。

数年前の私なら「恋なんて年甲斐もないこと、これから先も、もうないない」とか言いそうなもんですが、最近は「人間の感情に年甲斐もクソもあるか、知ったようなことを言うな」と思うようになったし、あらゆる感情の解像度が上がっていく感覚がある、その結果、花屋さんで名前の分からない黄色いフリフリしたお花を買って帰ることになる。「花束みたいな恋」は未経験でも、花束は仕事の帰りに小銭で買える。

月に1000円くらいまではお花を買ってもいいことにしている。花屋さんにもよるかもしれんけど、どんなお花も大体1本100円前後で買える。もっと高いのももちろんあるけど。つまり、コーヒーを1杯飲むくらいの金額で、4~5本のお花を買うことができる。
家にお花があることに、特に大きな意味があるわけではないけど、帰って「あ、お水換えたげよ」とか思うの、わりといいかなと思って…自分以外の有機物が多い方が、家がいい感じになると思うし。「良い感じ」ってのは「良い感じ」って意味で、そのままの意味です。

「マリッジストーリー」を見たらスカーレット・ヨハンソンが大変良い仕事をしていて感動し、そういえば「ロストイントランスレーション」も離婚の話だった、あれはソフィア・コッポラの、あぁスパイク・ジョーンズの話、と思い出した。さらに監督のノア・バームバックは「イカとクジラ」でも離婚の話をやってたな、と思い出し、調べてみるとあれは両親の離婚についての映画だった様子。全部まとめて見返そうかな、起きてる間は常に何らかの映像作品を見ている気がしてきた。週末はお風呂屋さんへ行って岩の上で寝るなどしたい。

めまい

2021年2月19日 (金) 21:56

uncategorized

粉類の食材をもっと使いやすくすべく、保存容器を買うことにした。しっかりめのジッパーが付いてる薄力粉と強力粉はこのままで良しとして、輪ゴムで留めてる砂糖類は容器に入れたほうが使いやすいはず。
こないだシュークリームをつくるとき、コーンスターチと小麦粉が飛び散ってえらいことになった。固形の容器欲しい(固形の容器?)

東急ハンズが潰れたのでこういうときに行く店はロフトしかない。「しかない」ってことはないでしょうけど…

保存容器の売り場スペースがめちゃ縮小されている気がする。ロフトさんも店舗スペース広いし大変よね…フレッシュロックがいいな、と思ってたけど重ねては使えなさそう、あとこれ蓋開ける衝撃で飛び散りませんか…?あとパッキンの部分が緑色なのもちょっとやだ。緑色は嫌いじゃないけど好きな緑色じゃないのがいやだ。わからんけどoxoのコンテナが良さそうな気がする、見た目もすっきりしてて好みやしこれにする。レジで1,700円もすることに気づいてびっくりした。高い。

いざ詰め替えようと思ってストックしてる食材を確認してみたら砂糖が8種類もあって絶望した。素炊糖、中ザラ糖、焚き黒糖、黒糖、グラニュー糖、粉砂糖、泣かない粉砂糖、氷砂糖、で8種類。減らせるか考えてみたけど少なくとも5種類は常に要る。まじかよ。

とはいえキッチンは他のどの空間よりもお気に入りで、使い勝手をよくしたい気持ちがある、料理が好きなので…かわいくて使いやすくて効率のいいキッチンにしたい。多少の出費は目を瞑りたい。いや限度があるけど。
とりあえず何個か買い足して様子を見つつ進めていくぞ!カモン快適な粉食材!

「苺ミルク」だと思って買った飲み物が「苺ミックススムージー」だった。ストローをさしてひとくち飲むまで全く気づかなかったので、大変驚き、悲しみにくれている。ブログに書くほどの話ではないけど、じゃあ「ブログに書くほどの話」って何すか。ウィキペディアにも載らないほどの人生で、ブログに書くほどの話なんて生まれないんじゃないんですか。どうなんですか。辞任したらええと思うなよ。

「苺ミックススムージー」に罪はないと分かっている、分かってて飲む分には私だって好きな味だと思う。でも「苺ミルク」だと思って買ったの。びっくりするよ。コーヒー牛乳とかの並びに置いてあったし…隣にバナナオレもあったし…こんなん勘違いするよ。「苺ミルク」飲みたい。

2月になったのでネットフリックスに加入し、毎日「クィアアイ」を見ている。ヨウリーさんに「ネットフリックス入った、なんかおすすめ教えて」と言ったらいくつかのおすすめの中で「クィアアイ in Japan」を挙げてくれて、そんで見てみたら超ハマって、シーズン1から順に見ることにした。「ファブ5(fabulous five の略称、とのこと、世代的にF4を思い出してしまうけど仕方ないよね、あれはflower four の略称だったはず)」という5人組がそれぞれの得意分野(フード、ファッション、インテリア、美容、カルチャー、で分担してる)でターゲットを変身させる、的な、リアリティ番組です。ファブ5がみんな超良くて、大好きになってしまった…ジョナサンかわいい…

タンがターゲットの体に対する自虐ギャグについて、面と向かって「その自虐ギャグをやめてほしい、あなたと一緒に笑いたいけど、あなたの体を笑いたくない」と言ってて本当に感動した。厳しい言葉なのにやさしい。こういうの思っても私はなかなか人に言えないし、良いことなんもないと分かりつつ自虐的なことを言ってしまうときがある。「そんなことないよ」待ちみたいに感じるのも嫌だし、自分で言ってて悲しくなるのも嫌だ。私も自虐やめよう、タンが一緒に笑ってくれないことを言いたくない。
タンは服を選ぶときも古着屋とかスーパーの洋服売り場とかに一緒に行って敷居高くないようにしてくれてて、仕事の日はこんな感じ、家ではこれとか、デートの時はこれを羽織ってみて、とか言って、ちゃんと生活に沿ったクローゼットにしてくれる。好き。

ボビーが「僕はゲイで、結婚してる」って話をしたとき、ターゲットの人が「君は夫なの?妻なの?」って聞いて、ジョナサンが「答えなくていい、どっちが主導権を握るかなんて、誰でも微妙なとこあるでしょ?どっちでもいいよ、女性的か男性的か、そんな簡単に分けられるものじゃない」みたいなことを言ってたのもよかった。まったくその通りですね、と思うけど、そんなふうに難しくない言葉で言語化できないんだよ、ジョナサンすごいなぁ。

ボビーは日本人の男の子のターゲットに「君の家は”片足が出てる”って感じ、いつか日本を出たいって思って、ここに居る今の生活を大事にしてないんじゃない?」って言っててそれも良かった。”片足が出てる”って英語ではある言い回しなんだろうか、分からんけど言い得て妙やな…日本では聞いたことないと思うけどどうなんだろう。”片足”と言えば”突っ込んでる”じゃない?

途中「カラマーゾフの兄弟(2013年のドラマ)」を挟んだのでまだ全シーズン見終わってないけど、近いうち!
そうこうしているうちにリアルタイムでやってるドラマの録画が溜まってきている。

just the two of us

2021年2月13日 (土) 13:54

uncategorized

今年の抱負を「シュークリームを作る」、としたので、生まれて初めて焼いてみた。予想どおり、これまで作った焼きっぱなしのケーキに比べると難しかったし手順が多くて緊張した。でも焼いているときの卵の匂いは最高。

danchuに載ってたこれの森崎繭香さんのレシピを使いました。何がポイントか、どうなると失敗するかがちゃんと書いてあって分かりやすかった。

下記は、次回に向けての反省&備忘録。今年は焼けるだけ焼いて上達し、最終的にはエクレアを作りたい。いける気しかせんな…

  • 小麦粉をふるうのに、ザル型のものを使うのをやめる、適当にやってたら粉まみれになった
  • 火をつけてから小麦粉はかってるのもやばい、レシピ読めよ「下準備」の欄をちゃんと読め
  • カスタードを鍋で炊くことに挑戦してみるべき、おそらく銅鍋でうまくできるはず
  • シリコンスチーマーを使うレシピもぜんぜん悪くはないけど、もう少し滑らかさが欲しいので濾す工程が要ると思う
  • あと、もっとカスタード向きの卵があるはず、探す
  • 卵黄のみのレシピも試す
  • シュー生地はわりと体力が要る、力が入りにくいのでもう少し硬めのゴムベラを使った方が良い、今度は薄ピンクのじゃなくて濃ピンクのでやってみる
  • 卵の量はほんのちょっとでだいぶ状態が変わる、最後に「残り少ないから全部入れちゃえ~」と思って入れた小さじ1.5杯分くらいのが余分やったと思う、気を付けてほしい
  • 絞るのが下手すぎる、左手は動かさなくていい、固定するだけ
  • 平たく絞ったやつは平たく焼けてた、つまりもっときれいに丸く絞って、高さも要る
  • オーブンは200度で25分、でレシピ通りやったけど、洗い物して「クィアアイ」観てたらその間に焦げてた
  • 温度じゃなくて焼き時間の問題っぽい、次は20分でやってみる
  • うちのオーブンあんま質が良くなくて、焼きムラが結構ある、安かったもんな…
  • 粉状の食材が増えてきててキッチンが荒れがち、容器に入れ替えた方が使いやすいかもしれん、密閉容器検討しよう、でも片栗粉とコーンスターチと粉砂糖の見分けつかなさそう、ラベル貼るしかないかな…
  • 味は悪くなかったし、ちゃんと膨らんだ、初めてにしては上出来、ということにしておく
  • 何より1回作っただけでこんなに改善点を思いつくなんてシュークリームすごい、たのしい
  • 次は生クリームも入れてダブルクリームにしたい
  • つーかシュークリームってシュー生地もカスタードクリームも材料ほぼ全部一緒やねんけど…おもしろいね…

ARCHIVE

NEW ENTRY