タナカノゾミのポートフォリオサイト

blog

はらわたを聴く

2023年12月28日 (木) 22:01

映画のはなし

今年は「映画を200本観る」ことにして1年過ごしたけど、無事に200本終えました。ありがとうございました。
結論から言うと、200本はまぁまぁ多い。というか、1年あれば200本は「観られる数」ではあるけど、でも他のことなんも出来ん、という感じ。「他のこと」というのは私にとっては本を読むことやジャムを煮ること、シルクスクリーンで何か作ること、半日キッチンに立って料理をすること、などを言うのだけど、なんも出来んかったなぁ。今年、本は多分3冊ぐらいしか読んでないし、ジャムはひとつも煮てない、クッキーはよく焼いてたけど凝った料理ぜんぜんせんかったし、シルクスクリーンも一切してない。なるほど、映画200本観るとこうなるんか。

とは言え、1年で映画を200本観ないことには、1年で映画を200本観たらどんな感じの忙しなさで、どんな気持ちになるのか、とかは分かり得なかったと思うので、これで良かったと思う。「体験したことしかしゃべるな」という類の言説はムカつくし、絶対そんなことないやろ、と思うけど、でも体験したことには体感がくっついてくるから、しゃべること変わってくるで、とも思っているので、体感を得ることには価値があると大声で言える。とっても良い1年でした。

200本観る、と決めていることによって、映画館へ行くことが前よりもっと身近になったのも良かった。もともとは月1~2回映画館で観る、という感じで、土日両方つづけて映画館に行ったりすると「ちょっと節約せなあかんかな…」などと思っていたけど今は「いや200本観なあかんねんもん」と言い訳が立つので精神的に楽。それでもサブスクで観てるほうが圧倒的に多いけど。でも数えたら50本くらいを映画館で観たようです。週に1回は映画館にいる計算か。どおりで、なんとなく顔を覚えている店員さんが数人おる。

200本目を何にしようかな、というのは今月のあたまくらいから少し考えていて、濱口竜介監督の『ハッピーアワー』にしました。すごく良かった。
317分(5時間17分)の作品なので、観れるかな……(おしり的な意味と、集中力的な意味の両方で)と思ってはいたけど、全くの杞憂で「あっ終わった…?えぇー…終わっちゃった……」ぐらいの感じでした。むしろ「もっと観れるのに…」という感じ。でも多分これ以上長くしてもあかんし、これより短くてもあかんのやろうな。でないと、わざわざ317分の映画を世に出さんやろ、と思う。映画にはそれぞれ必要な尺があり、それは映画そのものが決めると思う。
あと上映時間が長い映画って、4時間超えるとだいたい休憩挟むから、みんな心配せんで大丈夫やで。あ、まぁ映画館によるけど。『ハッピーアワー』は3部に分けてあって、間は15分の休憩があるので、まじで全然大丈夫でした。

濱口竜介監督の映画、『親密さ』を観た時も思ったけど、石みたいやな、と思う。河原とかで見つけた「良い石」をポケットに入れて大事に持って帰り、玄関の棚に置いておいたりする感じに似ている。友人からは「この石なんなん、なんでここに置いてるん」などと言われたりもするけど、私は「え、良くない?その石、良い石やなぁ~と思って持って帰ってきてん」と答える。その感じに似ている。つまり、私がどんな風にこの映画のことを大事にするかは、私が何を魅力としてこの映画を好くかは、ぜんぶ私が決めることやねん、と思える。そしてそれを、濱口竜介に咎められたりせんやろうな、と思える。こういう、根拠とか理屈とかなしの、ボワッとでっかい信頼がある。

まぁ濱口竜介さんについてはかろうじてお顔を存じているくらいでインタビューも読んでなければ舞台挨拶も拝見したことがないので、何も知らんやろ、と言われたら「ごめんなさい」としか言いようがない。先言うとこ、ごめんなさい。

さて、200本観たけど「今までに観たいと思ってたやつ、全部観られたな~」という感覚は全くなく、実際に「観たい映画リスト」にはまだ100本ぐらい入っている。夏ごろにも「観たい映画リスト、あとちょうど100本ぐらいやな~」と思った記憶があるので、だから減ってないのだ。厳密に言うと減ってはいるけどその都度増えるので、プラマイで減ってない。

というわけで来年も引き続き映画は観る。そして引き続き、好きな映画があったら教えてください。人の好きな映画観るの、結構好きやな、と気づいたのも、今年良かったことのひとつやと思う。それから嫌いな映画も、あったら教えてほしい。私は好きと同じぐらい、嫌いについて知りたいし、考えたい。

はぁ~200本終わった、良いお年を、13時間寝ます、とか言ってシメたいが、年末は実家の行事ごとでかなりキツいので、全然のんびりした気分にはなれない。年明けは落ち着くので、また書きます。良いお年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

archive