TANAKA NOZOMI

BLOG

What A Wonderful World

2021年8月25日 (水) 22:07

uncategorized

一昨年の夏は「デトロイトビカムヒューマン」をやってて、去年の夏は「ゲームオブスローンズ」を観てて、さて今年の夏は何しようかな、またゲームをやるのもいいな、と思っていたら、キム・テヒョンさん(BTSのかわいい人)がインタビューで「最近はビデオゲームをやっています、it takes twoというゲームがあります」とおっしゃった。ちょっと調べたらPS4で出来るっぽい。キャラクターもかわいいっぽい。テテがやってるゲームを真似っこしてやるの、いいかも。

私がやるゲームはすべて、長年の友人であるもっちゃんをマスターヨーダとして召喚するところから始まるので「it takes twoっていうやつやりたいねんけど、私これ出来るかな?」と相談、どうやらその名の通り、常に2人でプレイするタイプのゲームらしく、一緒にやってもらうことにして、トータル20時間ぐらいの激闘(?)の末に無事クリアした。たのしかった。

ゲームボーイど真ん中世代なのにポケモンすらやったことがない私は、ゲームの素養・経験値が皆無に等しいので、跳びながら進む、とか走りながら狙って撃つ、とかがまるで出来ない。自分でも原因は分からないが「□ボタン」のことを何度も「Dボタン」と呼んでしまうし、足場が不安定なところは全部こわい。足場が安定していても視点を移動させる動作に不慣れなため、敵とかおらんのにひとりですぐ奈落みたいなところに落ちる。
しかも情報量の多いコンテンツに触れる機会がめっぽう少ないせいで、今何が起きていて・どこに何があって・私は何が出来るのか、を理解し整理するのに異常に時間がかかる。ゲームをやる人はこのへんのことを素早く処理する能力に長けてると思うし、経験則で大方のことをまかなえてる感じもする。ゲームをやる人はすごい。

途中、私がヘタすぎて先に進めない場面が出てくることが何回もあって、そのあいだずっともっちゃんを待たせることになってしまって申し訳ない、でも出来ないもんは出来ない。コソ練しようにも、常に2人でプレイするタイプのゲームなので1人では練習すら出来ない。これあんま仲良くない人、ってか気をつかう相手とは一緒にできないね…

大変ありがたいことに、もっちゃんと私は15年来の親友で、たくさんの苦楽と今の仕事の原型とを共にした学生時代を過ごし、物理的な距離が離れても、精神的には付かず離れずずっと一緒にやってきて、半年ぐらい会わないときがあっても全然平気、趣味も性格も似てるとは言い難いけど一緒にいて超ラクチン、かつ「私が何をどうしようとも、もっちゃんはずっと私を好いていてくれるに決まってる」&「もっちゃんが今後どうなろうと、私はもっちゃんをずっと好いているに決まってる」という根拠一切ゼロの確信がある。この根拠一切ゼロで双方向の確信ほど強いものないでしょう。だって根拠がないから、揺らぎようがないから。

結果、it takes twoはもっちゃんとプレイするに相応しいゲームだったように思う。もっちゃんの負担が大きかったことは言うまでもないけど、でも「私が固定された足場やのに連続して20~30回落ち続けるのを待つ時間」も「協力プレイの場面で死にすぎて微塵も役に立たない私」も、もっちゃんは許してくれるから。待っててくれるから。
…こうやっておんぶにだっこであぐらかいてるとそのうち痛い目みるかもしれんな!ガハハ!

「もっちゃんゲームやろ」とLINEするのも、「もっちゃんプールいこ」と誘いに行く小学生の夏休みみたいでよかったな。
もっちゃんまたあそんでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE

NEW ENTRY