BLOG

群をはぐれた狼のような目で

2018年11月24日 (土) 23:27

uncategorized

中学のころ、一緒に部活をやっていた子が
初めてリサイタルをやるというので、聴きにいってきたのだった。
当たり前かもしれないけど(当たり前ってことはないか)めちゃくちゃ上手くなってて、
でも変わらず良い音で、とっても良かった。

高校は別だったので、卒業後は数えるほどしか会っていないし、
彼女は日本で大学を卒業した後(あれ、在学中かも)確かフランスに留学して、
その後もベルギーに行ったり、コンクールに出たりして
2年前に帰国し、今回初リサイタル、ということらしいのだけど
私がこの15年でいろんなこと変わったり、変わらなかったり、変えられなかったりしてきたのと同じだけ、
彼女にも同じだけの15年が在ったのだ、と思った。
生まれる国も、時代も、家も、趣味も仕事も選べない不平等な私たちに、
時間だけは圧倒的に正しく、平等だ、と思った。
そのことがとてもうれしく、あたたかいことだ、と思えた。
そういう音がしていた。

ブラームスが特に良かったよ。泣いた。

「第1回」ということは、「第2回」があるということだと思うので
また聴きにいきたいな。

趣味と仕事は選べるだろ、と言われるかもしれないけど
最近の私の考えとしては、これは完全には「選べる」とは言えない。
卵が先か鶏が先か、みたいなことで、選んだのか選ばされたのか、といったところだ。
趣味は特に選べない。

あと「背に腹は代えられん」ということわざについて
いや足に手も代えられんし、目に口も代えられんすけど…と思っている。
揚げ足取りですかね。

なんの話だ。最後のは本当に何にも関連してないな。なんの話だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE