タナカノゾミのポートフォリオサイト

blog

MY FIRST SLAM DUNK

2023年2月9日 (木) 23:59

映画のはなし

映画「THE FIRST SLAM DUNK」を観てきた。めっちゃくちゃ良かった。

私は原作を読んでいないしアニメも観ていない。ひねくれでそうしているわけではなく、たぶんご縁がなかったのだ。
実は高校生のとき、3巻か4巻くらいまで読んだが「絵が怖い」という理由で読むのをやめた。いまさんももりしも「もうちょっと読めばおもしろくなってくるって」「まだこれからやねんて」と言って熱心に止めてくれたが、私は聞かなかった。ピライくんも「おもしろいよ、もうちょっと読んでみたらどう」と言って止めてくれたような気がする。でも私は聞かなかったのだ。だって、絵がこわいんだもん。あと「ハルコさんそんなかわいいか……?」と思った記憶がある。ごめんやめてなぐんないで。

先日、友人の家に遊びに行ったとき「THE FIRST SLAM DUNK」の話になった。「観た観た!めっちゃよかったよ!!」と言う友人は立派な本棚に並んでいる漫画「スラムダンク」の後半7冊くらいを取り出し「映画になってるのはこの部分の話なんだよ」と親切に教えてくれた。へぇ~そうなん、と言いながらパラパラめくってみるものの、桜木花道と安西先生以外の登場人物がぜんぜんわからない。え、くるくるの髪の女の子がハルコさんだっけ…?いや違う気がする。絵も別にこわくない。待てよ、るかわも分かるはずだけど、どの子がるかわだっけな……いやわからん、るかわを平仮名で呼んどるやん、顔なんか分かるわけない。
うーんどうせなら1巻から読みたい、でも今ここで読んでいくには時間がないし、あと漫画読みに来たわけじゃないし……
友人は「映画館で観たほうがいいよ、ぜったい」と言っている。そりゃそうだよなぁ……音楽も良いらしい。でも、原作を読まずに映画を観てもいいのかな。
「原作読んでないと途中で話わかんないとこが出て来るけど、まぁ別に大丈夫だと思うよ、リョーちゃんはわかるの?ミヤギリョータ」
「リョーちゃん…は、あの、沖縄の子でしょ……?」
「そうだよ、合ってるけど、でもリョーちゃんが沖縄出身だっていうのは今回の映画で初めて出た設定だよ」
そ、そうなのか……私、どこで知ったんだろう。リョーちゃん、顔はまったく浮かばないのに出身地だけ知ってるの何。たぶん誰かがTwitterで言ったのを見たんだろうと思う。3巻か4巻までに、リョーちゃんは出てきたのだろうか。何も覚えていない。
まずは漫画喫茶に通って原作を読んで、と思ったけど、そんなことをしている間に上映が終わってしまうかもしれん。何も分からんけど、とりあえず映画館に行って観ることに決めた。

劇場の入り口ではポストカードをもらった。入場特典らしい。ありがとうございます。7人ぐらい赤いユニフォーム姿の男の子が描いてあるポストカードだ。誰も知らない。ごめん、本当に誰もわからないよ。……でも5番の子が好みの雰囲気です。
友人に「これから観るよ」と写真を送ったら「真ん中の子は分かるでしょ、メガネくんだよ」と言われた。真ん中の子か、あ、好みの雰囲気の子だ。メガネくん…?本当に全然分からない。いや確かに眼鏡かけとるけど。そんな安直なあだ名で良いのか。
……ヤバい「バスケをやる」ってこと以外本当に何も分からない状態で来てしまった。すごい楽しみ~!と思いながら来たけど、席に着いた途端超不安になってきちゃった。バスケ以外は何をやるんだろう。

が、後から考えたら、私はいつも監督名だけ見て観る映画を決め、あらすじも読まず予告編も観ないで映画館に行っているくせに、今さら何を言っているんだ。「バスケをやる」が分かってるだけで、だいぶ良いほうだ。

映画はとても良かった。めちゃくちゃバスケをしていた。ほとんど2時間まるまるバスケをしていたと思う。
鉛筆で描いたリョーちゃんが歩き出すオープニングのところで「うわぁ、絵が、動いとる…!!!」と感動してボロボロ泣いた。いやそうやでアニメーションってそれやで、絵が動くのがアニメやで。
普通に試合を見ている気持ちで観たので、特に終盤は奥歯を噛み締め、鼻のあたまに変な汗をかき、いつのまにか息をするのを忘れていて酸欠になり、クラクラしたりした。すんっごい試合展開なんですよ!!!!!!!!あ、知ってる?知ってるよね。ごめんごめん、急に大きい声出してごめんね。
スピードの緩急が、緻密にコントロールして描かれていて、すごくよかった。「速い」ということを見せる手法が、あんなにもたくさんあるのだ。こういうのはアニメーションにしか出来ないだろうと思う。終盤「速すぎて色を塗るのが間に合わないよ~!!!」みたいなシーンがあって、笑うぐらい良かった。あんなの観たことない。かっこよかった。
音楽も良かった。友人の言う通りだ。ギターロックに出来ることがまだあるよなぁ、と思った。いや、ギターロックにしか出来ないことが、まだあるよ。「不確かな夢から得るのさ」だと思って聴いていたが、これは誤りで「不確かな夢叶えるのさ」でした歌詞。一文字だけだが、全然違う。でも不確かな夢から得ても良くない?何を得るのかは知らんけど。それは人によるけど。

自転車を立ちこぎしながら帰宅したが、興奮が冷めないので大声でツイート(※イメージ)した。
私のツイートを見たらしい別の友人が「沢北の神社のシーンは原作にはないんだよ」とか「山王のオールコートゾーンプレスは元ネタがある」とか言ってLINEをくれた。オタクはみんな、何も聞かなくてもいろいろ教えてくれて親切だしかわいい。三井さんが髪を切った理由や、花道の背中がどうなったのかが気になる。ゴリが部室でしんどそうだった経緯も気になるし、そういえば花道はリーゼントじゃなかったのか。いつ坊主に。あぁ気になる。原作読みたい。出来れば今読みたい。でも電子書籍は出ていないようだから、今すぐは読めない。
布団の中でAmazonで31巻完結セットを買った。新品らしい。明日届く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

archive