TANAKA NOZOMI

BLOG

just the two of us

2021年2月13日 (土) 13:54

uncategorized

今年の抱負を「シュークリームを作る」、としたので、生まれて初めて焼いてみた。予想どおり、これまで作った焼きっぱなしのケーキに比べると難しかったし手順が多くて緊張した。でも焼いているときの卵の匂いは最高。

danchuに載ってたこれの森崎繭香さんのレシピを使いました。何がポイントか、どうなると失敗するかがちゃんと書いてあって分かりやすかった。

下記は、次回に向けての反省&備忘録。今年は焼けるだけ焼いて上達し、最終的にはエクレアを作りたい。いける気しかせんな…

  • 小麦粉をふるうのに、ザル型のものを使うのをやめる、適当にやってたら粉まみれになった
  • 火をつけてから小麦粉はかってるのもやばい、レシピ読めよ「下準備」の欄をちゃんと読め
  • カスタードを鍋で炊くことに挑戦してみるべき、おそらく銅鍋でうまくできるはず
  • シリコンスチーマーを使うレシピもぜんぜん悪くはないけど、もう少し滑らかさが欲しいので濾す工程が要ると思う
  • あと、もっとカスタード向きの卵があるはず、探す
  • 卵黄のみのレシピも試す
  • シュー生地はわりと体力が要る、力が入りにくいのでもう少し硬めのゴムベラを使った方が良い、今度は薄ピンクのじゃなくて濃ピンクのでやってみる
  • 卵の量はほんのちょっとでだいぶ状態が変わる、最後に「残り少ないから全部入れちゃえ~」と思って入れた小さじ1.5杯分くらいのが余分やったと思う、気を付けてほしい
  • 絞るのが下手すぎる、左手は動かさなくていい、固定するだけ
  • 平たく絞ったやつは平たく焼けてた、つまりもっときれいに丸く絞って、高さも要る
  • オーブンは200度で25分、でレシピ通りやったけど、洗い物して「クィアアイ」観てたらその間に焦げてた
  • 温度じゃなくて焼き時間の問題っぽい、次は20分でやってみる
  • うちのオーブンあんま質が良くなくて、焼きムラが結構ある、安かったもんな…
  • 粉状の食材が増えてきててキッチンが荒れがち、容器に入れ替えた方が使いやすいかもしれん、密閉容器検討しよう、でも片栗粉とコーンスターチと粉砂糖の見分けつかなさそう、ラベル貼るしかないかな…
  • 味は悪くなかったし、ちゃんと膨らんだ、初めてにしては上出来、ということにしておく
  • 何より1回作っただけでこんなに改善点を思いつくなんてシュークリームすごい、たのしい
  • 次は生クリームも入れてダブルクリームにしたい
  • つーかシュークリームってシュー生地もカスタードクリームも材料ほぼ全部一緒やねんけど…おもしろいね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE

NEW ENTRY