TANAKA NOZOMI

BLOG

キム・チガマシッソヨ

2021年6月3日 (木) 21:49

uncategorized

BTSにハマった。
金曜の夜、「友だちの推しは私の推し」にすることが出来れば、人生はより豊かに、より楽しくなるのでは、と思い至り、週末にかけてYouTubeで関連動画を見漁り、何かの授賞式で涙を流すメンバーたちに感化されて号泣し、度々出てくる謎の用語をその都度調べて詳しくなり、新曲「Butter」をリピート再生し(Aメロがめちゃくちゃ音数少なくてかっこいい、メタ視点っぽい歌詞も気が利いてる)、しっかりとARMY(BTSファンの呼称)になった。
私が「しっかりとARMY」を名乗っていいのかどうかはかなり不安があるが、こういうのは自薦でいいはず、言っていくことで自覚も生まれるし、よし、こんにちはARMYです。

まさに「友だちの推しは私の推し」になったので、紫のハートを乱打したテンション高めのLINEを送り合ったりして楽しい。LINEのポコポコ音と共に送られてくる大量の写真もかわいくて楽しい。
私は約10年、嵐を愛好したのに、誰一人いっしょに楽しめる友だちが出来んかったのなんやってん。10年の孤独。インディー地下アイドルならまだしも、国民的アイドル嵐やのに、なんやってん。腑に落ちない、腑に落ちないが、嵐のおかげでアイドルの見方、楽しみ方、大枠のお作法が分かるようになった、とも言える。ありがとう嵐、大野くん元気ですか。

BTSはメンバーが7人もいる。始めは「7人も要るか…?多いやろ」と思っていたし、本名・芸名・あだ名・通称、みたいなのが1人につき4~5個あるので「こんなもんよう覚えられんわ、顔もみんな一緒に見えるけど…担任の先生ってこんな気持ちなんかな…」などと思っていたのだが、早々に「7人要る!!!全員かわいい!!!個性!!!努力!!!才能!!!好き!!!」に変わったので、この世で私が一番信用ならない。

誰推しか決めようかな、正直なところ私は全員でわちゃわちゃしているときと、みんなでごはん食べてるとき、あとは全員がユニゾンで踊っているときが一番好きやが、と思いつつも、4~5日に渡る脳内協議の結果、ジンくんを推していくことにした。ジンくんは”イケメン”よりも”ハンサム”がしっくりくるところが良い。

推しを決めたら次は何をするんだろうか。グッズを買い集めて、家の壁にポスターを貼るとか?私はあらゆる様式美、というか「ベタ」に興味があって、できるだけ先人に倣っていきたいという気持ちがあるけど、正直今はあまり家に物を増やしたくないし、人の顔のポスターを部屋に飾りたくない、夜とか怖いから。
あ、でも小さいサイズで家族の写真をごちゃごちゃ飾るやつはやりたいと思ってるから、そこに混ぜるのはいいかも。(…いいのか?)(父、母、姉、ジンくん、弟、義妹、甥たち、みたいな並びどうですか)(良さそう)

ぶっちゃけ「推し」という概念自体、あんまり掴めてはいない。ジンくんの写真を見ても「キャーーー!」とはならないし、「付き合いたい、結婚したい」とも思えない。スカしてるわけじゃなくて、やっぱりそういう方向に熱量が上がらないんだよな。なんだろうこの、没入感の無さは。根暗だからなのか…?BTSとかアイドルとかに限った話ではない気もする、単に私がそういう性格ってだけのことかもしれんけど、なんかちょっと欠落してるんじゃないか、と思いもする。やっぱアイドルが好きな人は推しに対して「キャーーー!」となってる方が楽しそうに見えるし、好き度も高いように見えるじゃないですか。
どうしたもんか。どうにもできないのか。どうにもできないまま生きてきたな。どうにもできないまま死ぬんだろうか。顔が暗くなってきた。

顔が暗くなってきたときは、ホビが禁止ワードを連発して水浸しになっている動画や、ジミンちゃんが腕を伸ばそうと必死になっている動画、ナムさんが春雨の湯切りに包丁を持ち出す動画、グクの入学式&卒業式をヒョンたちがみんなで見に来てくれる動画、などを視聴するに限る。アイドルは良いものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE

NEW ENTRY