タナカノゾミのポートフォリオサイト

blog

lost in castle

2024年1月18日 (木) 20:48

uncategorized

去年買ったけど封すら開けずに置いてあった「ホグワーツレガシー」を始めた。毎晩少しずつ進めている。
私は本当にゲームの素地が無いので、大げさでもなんでもなく、まじでチュートリアルに1~2時間かかるのだ。「ホグワーツレガシー」は難易度を4段階で設定できるようになっており、ノータイムで「超スーパーかんたん(※意訳)」を選択した。が、冒頭の「明るさを設定してください(画像が見えなくなる程度に調整)」みたいなやつの意味が全然分からず、めっちゃくちゃ暗いままスタートしてしまったので、キャラクターの選択画面やプロローグシーンの映像がほとんど見えなかった。リセットしてやり直そうかと思ったけど、キャラクターは後から設定しなおせるだろうとそのまま進めたら、洋服や眼鏡などの装飾品以外はほとんど変更できず、基本的にこのままやっていくしかないらしい。まじかよ。絶妙に不快感のある顔のキャラクターで進めていく羽目になってしまった。まじか。うーん、もうちょっと愛着持てる顔のキャラクターでやりたかった。

「超スーパーかんたんモード(※意訳)」を選択したおかげで、敵からはほとんど攻撃されないし、一応ひとりで進めることが出来ている。が、ホグワーツは学校内に螺旋階段が無数にあり、移動しているだけで画面酔いし、1時間もするとムカムカしてくる。絶対こんなに歩き回らなくて良い方法があるはずだと思うのに、他にどんな方法があるのか分からないし、誰に聞けばいいのかも分からないので、仕方なく延々歩き、階段でクラクラしている。っつーか魔法使いの主な移動方法が「徒歩」なわけない、絶対に。というか多分あの緑色の炎がユラユラしてるところが窓口みたいになってて、あれをどうにかすれば別の緑色の炎へ瞬間移動できるんじゃないのか……?と思っているけど、根拠はなく、確証もありません。誰に聞いたらええねん。あ、待てよ、ググればいいんか?ゲームってググっていいんですか??(???)

今は階段の踊り場で「あぁ~困っちゃったなぁ~」みたいなひとりごとを大声で言っているめんどくさいタイプの女の子にうっかり話しかけてしまい、その女の子に「おもちゃのメダルなくしたから探してきて、全部で6個あるから、全部見つけたら戻って来いよ」と言われ、パシリのようなことをさせられている。私だって先生に呼ばれていて忙しいのに(実は先生の居場所もよく分からない、マップが見づらい、というか私は地図が読めない)女の子に対して「知らんわ、自分で探せや」と言う選択肢は出てこないのだ。話しかけたら最後、みたいな仕組みらしい。まじ自分で探せや。

クリアするのにどれぐらいかかるゲームなのか分からないけど、メインのお話とは別で、こういう女の子にパシられる、みたいなサブクエストが発生するっぽいので、下手したら1年中これをやる可能性がある。まぁ今年は200本映画を観なくていいので大丈夫です。時間があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

archive