TANAKA NOZOMI

BLOG

older version of me

2020年8月25日 (火) 21:12

uncategorized

「楽日」という映画を観た、台湾の映画だ。登場人物が少なく、上映時間82分の中でも今ぜんぶ書き出せるぐらいの量しか台詞がない。登場人物の名前もほぼ出てこないし、ストーリーもほぼない。(最後めっちゃグッとくる動きがあって、それが唯一の物語的展開ではあるけど、まぁものすごく地味)
この映画の良さを、うまく伝えるのは難しいな、というかさしてストーリーが無い映画をおもしろいと思って観るかどうかはめっちゃ「人による」もんね。私はストーリーも音楽もなくて、知ってる役者が一人も出てなくても、画面に何をどのように配置しているかとか、色とか影とか表情とかが好きだと感じたら、おもしろいと思って観るけど、そうじゃない人が居ることは理解しています。filmarksで「伏線を回収できてない」みたいな映画レビュー、いっぱい見るもんね。

牯嶺街もすごく好みだったし、私はもしかしたら台湾映画が好きなのかもしれない。サンプルが少なすぎるのでもうちょいいろいろ観たほうがいいだろうな、とは思う。誰か好きな台湾映画があったら教えてください。

映画といえば、グザヴィエ・ドランの新作がもう月末に公開だ!やったー!と思っていたけど、まるっきり1ヶ月勘違いしていて、9月25日公開だった。カレンダーにも入れてあるのに(もちろん自分で入れたのに)、どうやったらそんな間違いをするんだ。

ライブに行きたくてもやってないから行きようがなくて、かと言って配信ライブはまだそこまで、そんなにおもしろさが分からん。まぁ無料のやつを見たり、お金払って見たり、お金払ったのに忘れててアーカイブを見たり、投げ銭をしたり、して、とりあえず参加はしている。でもこれがライブに取って代わるってことはないよな、別物だ。
でも別物なのであれば、これはこれの楽しみ方があるはずだし、やるほうもみるほうもそれを考えたり学んだり選んだりしていく余地がある、ということだ。探せばけっこう、希望もあるよ。
アナログフィッシュが配信用に撮影してくれたライブ配信を見たら「Copy & Paste」という曲を3人が横並びで歌い、その横にサポートギターの浜本さんが居る(ただ居る)、という映像が終盤にあっておもしろかった。曲もいいし、演奏もいいし、浜本さんもよかった。

週末はずっとフジロックの配信を見ていて、3日目は行きがかり上、自分の音声配信をしながら見ることになって、自分でも「これ何なん、何の意味があるの?」と思いつつ、止めるタイミングを失ってしまい、結局最後まで配信し続けることになった。
私は2007年以降、ほぼ毎年フジロックに行ってはいるものの、そこまで熱心にステージを見ていないし、とくべつ音楽に詳しいわけでも、裏話ができるわけでもなく、さらにおしゃべりがうまいわけでもなく、にもかかわらず平均すると15人ぐらいがずっと聞いていて、最終的には「みんなが楽しいならそれでいいか」という気持ちになった。まぁ宅飲みするときに家を提供する係になった、ぐらいのことだろうと思う。
でも宅飲みはゴミがめっちゃ出たり、朝までずっといて全然帰らない奴とか勝手に私の布団で寝る奴がいたり、単純に騒がしすぎたり、物理的に困ることが少なくないけど、オンライン上ではそれらが一切発生しないので、なかなか画期的だな、と思った。一緒にいる感だけをなんとなく共有して、強制力もなく、家に入れるには多い数の人が一緒にいられる。

音声配信については、もうちょっと話すのが上手になりたいと思って最近たまにやってるけど、相当気を入れてやんないと、こんなんちょっとやそっとやったところで上手にはなんないな、と思う。話すのは嫌いじゃないけど、どうも組み立てが下手なのと全体像とか結論とかを提示しないまま断片的に話す癖があるせいで伝わりづらいんだよな、ということに最近気づいた。思考が多角的なせいかもしれんけど、それは意図してやってるので変えたくないし、かといって人に伝わらないんだったら思考する意味が半減してしまう。私は私が思考したことを私の腑に落として完了とする人生をそろそろ終えてやろうと思っています。あ、もうこれ今、すでに何言ってっかわからんよね、だめだこりゃ。

音声配信は聞き返すと自分の話終えた後に鼻をすする癖とか、やけにもちゃもちゃした話し方、語尾をのむ癖、などが気になり、さらには「全人類に対してタメぐちをきいていること」に気がついて恐ろしい。でも敬語にすると話すことそのものが変わってくるしなぁ。あと敬意と敬語とは字が一緒なだけで関連せんだろ、とも思う、まぁいつか誰かに怒られるかもしれんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE

NEW ENTRY