タナカノゾミのポートフォリオサイト

blog

Right back to you

2023年9月21日 (木) 20:45

uncategorized

必要があって、興味があることだけ勉強すればいい、と基本的には思っているけど「デッサンをやっていない」ということについては今後もずっとついてまわる気がする。ま、めっちゃやりたくなったらやればいいか。あと、やったからといって必ずしも出来るようになるとは限らない、ということはちゃんと知っていてほしい。私よ。こういうの「やりさえすれば出来るだろう」みたいな感じでいるけど、でもそうじゃないケース、いっぱい経験してきたよ。まじ忘れんな。

図書館へ行って植物の図鑑を眺めていたら「花序」という言葉があることを知った。茎に対してどのように花が付くか、を表す言葉だ。例えばチューリップやガーベラ、アネモネなんかは「単頂花序」と言い、枝分かれしない茎の先に1つだけ花をつける、という種類だそうだ。
「そんなもんに名前があるんか」と思ったが、すぐに「そら名前ぐらいあるか」と思い直した。名前がついている、ということは、私が知らなかっただけで、誰かと誰かは共通のものとして扱うことが出来ている、ということだから、それって素敵なことだな、と思う。
そう考えると「愛おしい」とか「さみしい」とか「うれしい」とか「楽しい」とか、あらゆる感情に名前をつけて、共通のものとして扱うのってすごい時間かかったんじゃないか、と思ったりもする。大変だったでしょうね。とはいえ「“さみしい”は共通でしょ!名前付いてるねんから!」みたいな感じで来られると「いやちょっと待ってよ、私の“さみしい”とお前の“さみしい”が同じものなわけないやん、雑に括るなよ」とも思う。複雑。あ、お前って言ってごめんね。

実家のオリーブの葉が全部落ちてしまい、母が悲しんでいたのだけど、いつのまにかまたぽつぽつ生えてきていておもしろかった。鉢の場所も変えていないし季節が変わったというには短期間すぎるので、何が原因なのかさっぱり分からない。こちらが勉強不足な部分は大いにあるけど、それにしても気まぐれすぎない??いや別に怒ってないよ、おもしろいなと思ってさ。

生きているだけなのに暑い時期が終わり、朝晩は何もせずにじっとしていれば涼しい、くらいの時期に差し掛かってきてうれしい。頼むスムーズにこのまま秋を始めてくれ。秋も遠慮せず堂々と始めてほしい。開会式!みたいなのやりたければやってもいいよ、付き合うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

archive