TANAKA NOZOMI

BLOG

낚아주세요

2021年12月5日 (日) 22:44

uncategorized

私の人生に「推し」ができて半年、12月4日はジンくんの誕生日だった。以前からかわいいかわいいと思っていたが、彼は本当にかわいくて、でもここ1週間くらいは振り幅と高低差で目眩、嘔吐するぐらいかっこいい。完敗だしマジ完全降伏、私はずっとジンくんの事を考えながらお祝いのおやつを作り、公式からの安定供給に乾杯して、実に良い休日を過ごした。
ジンくんはいまロサンゼルスに居るのだが、現地時間はもう深夜2時を過ぎていて、さすがに今日はもうないよな寝てるよな、と思っていたらセンイル(誕生日)vlive(生配信)をやってくれて、準備してあった新曲を聞かせてくれて、ファンがこんなに恵まれていていいのか…?あなたのお誕生日なのに…?とむしろ不安になった。「幸せすぎて怖いの」というのはこの感情のことですか?あと、その曲はまじで最高ですよ、尺が大変に良いし、ビートも90年代っぽくて気が利いてるし、歌詞もかわいい、作為と無作為の間にある線の上にちょうど乗っているようなボーカリゼーションも最高です。いい仕事したなぁ〜推し〜!テレてる君もかわいいよ〜!!!

「そう決めたから、そう成る」という人が好きだ。BTSで言うとJINのことだし、ゲームオブスローンズで言うとブライエニーのことだ。
向いているとか、才能があるとか、チャンスがあるとか、求められているとか、理屈がどうとか、そういう雑多なアレコレをぜんぶ吹っ飛ばした先に「そうあることを決めて、ここにいます」と立っている。美しいな、と思う。気高いな、と思う。でも過程は、実はそんなに理性的でないのだろうな。もっと野生的で感性的なことじゃないかと思うし、もしくは天啓のようにも感じる。
いいなぁ、好きだなぁ。

会ったこともなく、私の存在なんか知らない、今後も知ることのない人の誕生を祝い、健康と幸せをこんなにも強く祈る日が来るとはな〜。
あ、信仰ってこれか。これが信仰か。すげ、めっちゃ理解した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE

NEW ENTRY