TANAKA NOZOMI

BLOG

The Elephant Man

2020年7月8日 (水) 21:53

uncategorized

ゲオのグループ関連がやっている、DVDレンタルのサービスを使うことにした。1回頼んでみたら6枚借りて1000円以下で、注文した翌日にはポストに届いて、さらに今キャンペーン中らしくレンタル期間が20日間もある。
しかもTSUTAYAにも配信サービスにも取り扱いがないような古い映画も置いてあるし、誰かがレンタル中でもリストに入れておけば「前の人が返したよ~次借りる?」って教えてくれるし、とっても便利。ずっと観たかった映画館の映画「楽日」が借りられてうれしい。
もうこれでいいわ。これと、アマゾンプライムビデオを併用して、それでやっていけると思う。よっしゃ。
でも今「マリッジストーリー」観たいねんよな、あれ盤は出ないのかしら。まぁ出たとしても1か月Netflixを契約したほうが早く観られるのかしら。他にも観たいのある気がするしまとめて観ちゃうのもいいかも。
どうでもいいけど私映画館の映画とか、映画の映画って好きだなぁ。何がどう、というより、構造が好きだ。

映画館がいま名画座みたいになってて、なおかつ新作もやってて、席も離れて座れるの、めちゃくちゃ良い。映画館で「もののけ姫」が見られてそれが1100円て…最高か。
私はそこまで熱心なジブリファンではないと思うけど、でも「もののけ姫」やってるよってなると映画館に行ってしまうので、まぁ好きなんだろうな。「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」は、画はもちろんのこと、脚本が、お話として、おもしろいなぁと思う。「もののけ姫」なんかほとんど全部台詞言えるもんな…別に覚えようとしたわけじゃないのにね…
画が好きなのは「崖の上のポニョ」(冒頭の海のシーンが美しすぎてずっと泣いた)で、あとなんかわからんが別枠で好きなのは「魔女の宅急便」。

アシタカがシシ神様の森に連れてかれて、翌朝目を覚ましたとき、撃たれた傷は治してくれたのに、痣は消してくれなかった=呪いは解いてもらえなかった、ってなるシーン、あのあとサンがかってぇ肉みたいなのを食べさせて(あれ何なんだろう、干し肉じゃないのかな、繊維質っぽい感じがあるけど)アシタカが泣くシーンが、すごく好き。
あの子たぶんまだ、未成年でしょう、ハタチなってないんちゃうん、16歳ぐらいとちゃうの。村を守ろうとする勇敢な性格とは言え、呪いなんかめちゃくちゃ怖いでしょう。自分に突然ふりかかるものとして「死」を想定していない年齢じゃない?これまでの人生も、なじんだ生活も、全部捨てて旅に出なければならず、しかも唯一の望みをかけてあの森へ辿りついたわけでしょう。そこでいよいよ「ほかの傷は治してくれたけど、痣は消してくれなかった」という、「お前はこの呪いとともに死ぬんだよ」という絶望を、明確に提示されたわけでしょう。にもかかわらず、自分は今「食べる」という行為を、つまり「生」に向けて動いていて(まぁどっちかっつーとサンがそうさせているけど)、そこに捻じれがあるやんか。あの声も出ないアシタカの涙は、その捻じれによるものと解釈している。まだ身体は生きようとしていて、心も生きたいと思っているのに、それを肯定してはもらえなかった。そら泣くわ、もっとワンワン泣いてもええんやでアシタカ。えらかったな、ずっと泣きたかったのに、えらかったな。
とはいえ、あそこでアシタカがなぜ泣いたかはいろんな解釈ができそう、だって一言もしゃべらんから(駿がなんか解説しとるかもしれんけど)、と思って、出来心で検索したら「あの干し肉みたいなのがマズすぎて泣いてる」と言ってる人がいて愕然とした。いやまぁ、いろんな人が、おるよね。

あ、いま思いだしたけど「耳をすませば」もめっちゃ好きやわ。

今日は真鍮について考えていたら22時。あまり触れたことないな真鍮、変色するでしょう?するよね?
最近は毎晩シンペイちゃんの「デトロイトビカムヒューマン」配信を見てしまって寝不足気味です。人のデトロイトってなんであんなおもろいんや…と同時に、もう自分は二度とあれを初見で出来ないのだ、と気づいて悲しい。人生は不可逆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ARCHIVE

NEW ENTRY